トップ > ユーザの皆様へ > FireDock Windows XP Service Pack 1 での不具合と対策について

FR-DK2/DK1/MDK1
Windows XP Service Pack 1 での不具合と対策について


更新: 2004年 9月 3日
更新: 2003年 10月 6日
更新: 2002年 11月19日
  2002年 11月15日
ラトックシステム株式会社
サポートセンター

平素は弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
Windows XP Service Pack 1 がインストールされたWindows XP 環境で、FR-DK1・FR-MDK1と他の1394機器(FR-DK1、FR-MDK1や他社の1394 HD、1394 CD-RW等も含む)を接続した場合およびFR-DK2において、以下の不具合を確認しております。

(1) 本不具合はMicrosoft社様提供のアップデート用ソフトウェアにて解消いたします。
アップデート用ソフトウェアは弊社ユーザ様専用サイトにてダウンロードください。

(2) Service Pack 2 では、本件で提供しているソフトウェアをインストールすることはできません。Service Pack2ではトレイ再挿入で認識されない不具合が依然発生します。その場合ロックキーをいったんOFFにし、数秒後再度ONにしますと、数秒〜数十秒後に認識されることがあります。

本製品はサポート期間満了品のため、保守・修理受付を完了いたしました。

【不具合内容】
 

リムーバブルディスクの取り出し操作を行ってトレイを抜き、再度トレイを挿入した際に認識されない。

<本現象の条件>

  • Windows XP Service Pack 1がインストールされたWindows XP 環境
    * Service Pack 1 がインストールされていないWindows XP環境では本現象は発生いたしません。
    * Service Pack2(2004/9/2 公開)ではトレイ再挿入で認識されない不具合が依然発生します。その場合ロックキーをいったんOFFにし、数秒後再度ONにしますと、数秒〜数十秒後に認識されることがあります。
  • FR-DK1、FR-MDK1と他のIEEE1394機器(FR-DK1、FR-MDK1や他社の1394 HD、1394 CD-RW等も含む)を接続またはFR-DK2を接続
【アップデート用ソフトウェアの入手方法】
  アップデート用ソフトウェアはプロダクトキー認証システムページよりダウンロードいただけます。
<提供を終了しました>

<提供するアップデート用ソフトウェア>
  • Microsoft社提供 修正プログラム(Q318684_WXP_SP2_x86_JPN.exe)

  • [ご注意]
    Windows XP Service Pack 2 (2004年9月2日Microsoft公開) では本パッチプログラムをインストールできません。本パッチプログラムはService Pack 1 および 1a の環境でのみインストール可能です。

    [アップデート方法]
    本修正プログラムを任意の場所にダウンロード後、ダブルクリックして実行します。
    指示に従い操作し、インストール完了時にパソコンを再起動します。
    以上で修正プログラムのインストールは完了です。

【本件に関するお問い合わせ】
 
郵便番号 556-0012
  大阪府大阪市浪速区敷津東1-6-14朝日なんばビル
    ラトックシステム(株)サポートセンター
  メール https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html
  電話 :06-6633-0190(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
  FAX :06-6633-3553

ページのトップへ戻る