トップ > ユーザの皆様へ > REX-SMA01シリーズをご使用の皆様へ

REX-SMA01シリーズをご使用の皆様へ重要なおしらせ

変更:2004年6月 8日
変更:2003年6月23日
2003年6月 6日
ラトックシステム株式会社

平素は弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
このたび、スマートメディア自体をパソコン動作中に抜き挿しした場合、スマートメディアとREX-SMA01内部のソケットが接触した際に発生する大きな静電ノイズにより、パソコン内部のPCカードソケットコントローラを破壊する場合があることが判明しました。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご使用にあたっては下記の対処方法をご参照の上、Windows2000/XPの場合は対策ドライバに更新、その他のOSの場合は事故回避のためスマートメディアをREX-SMA01に入れたままパソコンから取り外し、交換いただけますようお願い申し上げます。

【対象製品】
  スマートメディアアダプタPCカード REX-SMA01F, REX-SMA01V , REX-SMA01

【現象】
  REX-SMA01シリーズを装着したままスマートメディアを抜き挿しすると、PCカードスロットのコントローラを破損することがある。

【該当パソコン】
  一部のPCカードスロットコントローラ搭載の特定のパソコンで発生する可能性があります。動作確認済みパソコンのリストで正常に動作することが確認されているパソコン、および2003年春モデル以前のパソコンでは本現象は発生いたしません。

>> 動作確認済みパソコン(REX-SMA01)のリスト

【原因】
  REX-SMA01に限らずスマートメディアの挿抜を行うと、スマートメディアとソケット(スマートメディアの挿入口)の間で静電ノイズが発生します。スマートメディアアダプタPCカードをPCカードスロットに挿入したままこの作業をおこなうと、静電ノイズがパソコン内部のPCカードコントローラに伝播して破壊が起こることがあります。

【対処方法】
  【Windows2000/XPの場合】
弊社サイトにて最新のドライバをダウンロードし、ドライバの更新をおこなってください。

>> REX-SMA01シリーズ用ドライバのダウンロード(WindowsXP/2000用)


※WindowsMe/98/95/NT4.0用対策済みドライバは用意していません。


【Windows2000/XP以外の場合】
スマートメディアの交換は、PCカードスロットからREX-SMA01本体を抜いてからおこなってください。

REX-SMA01装着したままスマートメディア交換は×
×

パソコン起動中、REX-SMA01を装着
したままスマートメディアを抜き挿し
しないでください。
REX-SMA01抜いてからスマートメディア交換○

PCカードスロットからREX-SMA01を
抜いた後、スマートメディアを交換
してください。

またスマートメディアに静電気を帯電させないため、以下にご注意ください。
  1. スマートメディアを裸のままポケットやカバンに入れたり、静電気の起こりやすい材質(化学繊維・絹など)に入れて使用するのを避けてください。静電気対策のケースなどを使用してください。

  2. 人体に帯電している静電気を放電するため、接地している金属(机・本棚など)に触れてからスマートメディアを挿抜してください。空気が乾燥している冬場やセーターを着用している場合は、特に静電気が起こりやすいのでご注意ください。



本件に関するお問い合わせ
その他本件に関するお問い合わせは、弊社サポートセンターまでお願いいたします。

ラトックシステム(株)サポートセンター
メール https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html
電話 :06-6633-0190(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
FAX :06-6633-3553

ページのトップへ戻る