トップ > ニュースリリース > パソコンもテレビも楽しめるワイヤレスヘッドホン25周年限定モデル

■新製品■
パソコンもテレビも楽しめる25周年限定モデル!
大口径ドライバー搭載ワイヤレスヘッドホンが登場

2008年4月3日

ラトックシステム株式会社は、高音質ワイヤレスデジタルヘッドホン REX-WHP1PXを2008年4月下旬から数量限定で出荷いたします。

REX-WHP1PX
 製品名 製品型番 標準価格
(税別)
JAN 出荷予定 製品情報
ワイヤレスデジタルヘッドホン REX-WHP1PX OPEN 4949090920477 2008年4月下旬 製品情報 >>

ラトックシステムは、おかげさまで本年、創業25周年を迎えます。そこで、日頃のご愛顧に感謝して、「REX-Linkシリーズ3周年記念」で好評を得た高音質ワイヤレスヘッドホンが、さらに進化した「25周年限定モデル」として再び登場します。標準価格はオープン、参考価格として通販サイトRATOC Directでは税込価格9,800円となっています。

本製品は、高級ワイヤレスヘッドホンと送信機のセットです。ヘッドホンは遮音性と音漏れ防止に優れた密閉型で、53mm大口径ドライバーおよびネオジウムマグネット、CCAWボイスコイルを搭載、ハイクオリティなサウンド再生を実現しています。リチウムイオンバッテリを内蔵し、3時間の充電で連続最長11時間再生が可能です。さらに、装着感のよい大型イヤーパッドとヘッド部で、長時間使用しても疲れにくい設計となっています。

送信機はUSBとヘッドホンの2系統の入力を装備。パソコンだけでなく、テレビやオーディオプレーヤーなどのサウンドも、ワイヤレスヘッドホンで楽しむことができます。パソコンではUSBポートに接続することで、デジタル処理による音質とバスパワー駆動による利便性を確保。テレビなどのAV機器では、ヘッドホンジャックに送信機を接続して使用します。既存モデルREX-WHP1PからiPod用パーツを省き、AV機器との接続に便利なオーディオケーブル(約1.5m)を添付して汎用性を向上しました。

ワイヤレス通信には、音切れやノイズの少ない2.4GHz帯デジタル伝送方式※1を採用しています。

※1 REX-Link1互換。REX-Link2との互換性はありません。

■REX-WHP1PX(ワイヤレスデジタルヘッドホン)

【特徴】

● テレビ・パソコンをワイヤレスヘッドホンで楽しむ
 −2.4GHzデジタル伝送で高音質ワイヤレス再生
 −フル充電で最長11時間使用可能
 −受信可能範囲は見通し10m
●大口径ドライバーを搭載した密閉型ヘッドホン
 −遮音性と音漏れ防止に優れた密閉型ヘッドホン
 −大口径53mmドライバーでひずみのない高音質再生
 −ソフトなフィット感で長時間使用も快適
● 送信機はUSBとヘッドホンジャックの2系統を搭載
 −パソコンとはUSB接続
 −テレビ・オーディオなどのAV機器とはヘッドホン接続

【対応機器】(ヘッドホンジャックに接続)

ヘッドホンジャックを装備したオーディオプレーヤーおよびAV機器

※ラインアウト出力からの入力はできません。

【対応パソコン】(USB接続)

USBインターフェイスを標準装備、もしくはラトック製USBインターフェイスを装備した以下のパソコン

● WindowsPC
● PowerMacintosh G3シリーズ ● PowerMac G4/G5シリーズ
● PowerBook G3/G4シリーズ ● iMac/iBookシリーズ ● eMac ● Mac mini
● Mac Pro ● MacBook ● MacBook Pro

【対応OS】

Windows Vista、Windows XP、Windows 2000、Windows Me、Windows 98 SecondEdition、Linux Ready!
MacOS X-10.1以降、MacOS 9.2.1以降

※Windows Vista/XPは64ビット版にも対応。

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/rexwhp1px.html


ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る