トップ > ニュースリリース > WUXGA(1920×1200)モニタ対応の切替器USB接続モデル登場

■新製品■
WUXGA(1920×1200)モニタ対応の切替器USB接続モデル
9月下旬出荷開始予定

2008年9月4日
ラトックシステム株式会社は、パソコン自動切替器REX-KVMシリーズのラインナップとして、1組のUSBマウス・USBキーボード・DVIモニタ・スピーカを2台のパソコンで切り替えて使える REX-230UDA を、2008年9月下旬より出荷開始いたします。
REX-230UDA
 製品名 製品型番 標準価格
(税別)
JAN 出荷予定 製品情報
パソコン自動切替器 USB接続・DVI/Audio対応(2台用) REX-230UDA ¥14,500 4949090400238 2008年9月下旬 製品情報 >>

本製品は、最大WUXGA (1920×1200) ・フルHD(1920×1080)に対応したDVIモニタ用切替器です。キーボード・マウスはUSB接続で、ワイヤレスデスクトップセットが使用可能※1。スピーカ接続用のジャックも搭載しています。

WindowsとMacOSに対応していますので、両OSに対応したキーボード/マウスを接続してWindowsPCとMacを切り替えながら使用することが可能。さらに、Windows Home Serverにより家庭への普及が進むサーバOS(Windows Server 2003 / Server 2008)にも対応しています。REX-230UDAはWindows PC、Mac、サーバ、ノートPCなど、さまざまなパソコンが混在する環境でも使用できる切替器であり、幅広いユーザ層に訴求できる製品となっています。

パソコンの切り替えは、本体上面の「SELECT」ボタン、もしくはキーボードの[ScrollLock]キー2度押しにより実行。選択ポートは上面のLEDで確認できます。(Macの場合は、ホットキーとホットスイッチを実現するKVMユーティリティを弊社サイトにて提供)。切替器にはモニタ側からのEDIDを読み取る回路を搭載しているため、ポートを選択せずにパソコンを起動しても、設定済みの正しい解像度でモニタに表示されます。

本製品は、HDCP機器からの信号をブロックせずにそのまま通過させるため、切替器を経由しても地デジやBlu-ray DiscなどのHDCPコンテンツを接続モニタで再生することができます※2

※1 Bluetooth接続のキーボード/マウスは使用できない場合があります。
※2 HDCPコンテンツ視聴中のパソコン切り替えは対応していません。ただし、Blu-rayやDVD、HD DVDでビデオ再生している場合は、切替をおこなう前に一時停止させることで切替ができる場合があります。

■REX-230UDA(パソコン自動切替器 USB接続・DVI/Audio対応(2台用))

【特徴】

● 1組のキーボード・マウス・DVIモニタで2台のパソコンを操作
● 最大27インチのワイドモニタOK!WUXGA/フルHD対応
● HDCP機器の接続に対応!切替器経由での地デジ視聴OK
● USB接続ワイヤレスデスクトップ、USB多機能マウス対応
● スピーカ対応
● 切替ボタン・ホットキーの2通りの切替に対応
● 裏起動OK!パソコン起動時ポートの選択不要
● コンパクト設計・アルミボディ採用
● マウス・キーボードのみの接続も可能

【対応パソコン】

DVI-D(24pin)もしくはDVI-I(29pin)モニタコネクタ・USBポートを装備したWindowsPC/Mac

【対応OS】

Windows Vista、Windows XP、Windows 2000、Windows Server 2008、Windows Server 2003
MacOS X 10.4.1以降、10.3.x

※Windowsは64ビット版にも対応(Windows 2000を除く)。

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/230uda.html
 


ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る