トップ > ニュースリリース > PCI Express接続のGPIBインターフェイスボード2製品を2月下旬に発売

■新製品■
PCI Express接続のGPIBインターフェイスボード2製品を2月下旬に発売

2009年1月8日

ラトックシステム株式会社は、パソコンのPCI ExpressスロットにGPIBを増設できるインターフェイスボード「REX-PE20」および「REX-PE20L」を2009年2月下旬より発売いたします。

REX-PE20 REX-PE20L
 製品名 製品型番 標準価格
(税別)
JAN 出荷予定 製品情報
GPIB PCI Express ボード REX-PE20 ¥32,000 4949090052239 2009年2月下旬 製品情報 >>
GPIB PCI Expressボード(LowProfile対応) REX-PE20L ¥34,000 4949090052246

この度、弊社製GPIBインターフェイスの新ラインナップとして、PCI Express接続モデルを投入いたします。標準サイズのPCI Expressスロットに対応したREX-PE20と、LowProfileサイズ対応のPCI ExpressボードにGPIBコネクタアダプタと標準サイズ用のブラケットを添付したREX-PE20Lの2モデルを用意しました。基板部分は共通でコントローラにTexas Instruments製 TMS99C14互換品を採用、IEEE488.2に準拠しています。

GPIBインターフェイスを手掛けて20余年の実績を活かし、Visual C++用およびVisual Basic用ライブラリを豊富に提供。データレコーダー、電圧発生器、オシロスコープなど、さまざまなGPIB計測機器に対応するサンプルプログラムで、アプリケーション開発を強力に支援します。なお、既存の弊社製GPIBインターフェイス(PCIボード、PCカード、USB2.0コンバータ)用に開発したアプリケーションは、簡単な変更を加えることにより本製品でもそのまま動作します。

RoHS指令対応品なので、組み込み用途にも安心して導入いただけます。

■REX-PE20/REX-PE20L(GPIB PCI Express ボード)

【特徴】

● IEEE488.2準拠のGPIB PCI Express ボード
● 標準PCIeスロット専用とLowProfile対応の2モデル
● Visual C++、Visual Basic用ライブラリを提供
● 各社GPIB計測機器サンプルプログラムを提供
● 弊社GPIBインターフェイス用に作成したプログラムが使用可能
● Linux 用ソフトウェアとサンプルプログラムを提供予定
● 環境に配慮したRoHS指令対応

【対応パソコン】

【REX-PE20】PCI Expressスロット搭載のWindowsPC
【REX-PE20L】LowProfile PCI ExpressスロットまたはPCI Expressスロット搭載のWindowsPC

【対応OS】

Windows Vista、Windows XP、Windows 2000

※Windows Vista/XPは64ビット版にも対応。

【対応デバイス】

IEEE488.2もしくはIEEE488.1規格に準拠のGPIB機器

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/pe20.html


ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る