トップ > ニュースリリース > SPI/I2Cプロトコルエミュレーターのハイグレードモデル新発売

■新製品■
高速通信と多機能化でより幅広い用途が可能になった
SPI/I2Cプロトコルエミュレーターのハイグレードモデル新発売

2015年3月5日

ラトックシステム株式会社は、パソコンのUSBポートにSPI/I2Cインターフェイスをもつデバイスを接続できる「SPI/I2Cプロトコルエミュレーター (ハイグレードモデル)」REX-USB61mk2を、2015年3月下旬より出荷いたします。
REX-USB61mk2写真
拡大
製品名 製品型番 標準価格
(税別)
出荷予定 製品情報
SPI/I2Cプロトコルエミュレーター
(ハイグレードモデル)
REX-USB61mk2 ¥49,800 2015年3月下旬 製品情報 >>

REX-USB61mk2は、センサーやメモリーデバイスで採用されているSPI/I2CバスをUSBに変換し、パソコンと接続するためのアダプターです。パソコンからSPI/I2Cデバイスを制御でき、初期段階のデバイスの動作確認や各種センサーデータの取得解析、マイコンへの実装等で開発を支援します。

SPIはマスターモードとスレーブモードを搭載。バス幅はSingle/Dual/Quadをサポートしています。対応周波数は1kHz〜50MHz(スクリプト使用時)。マスター動作時のSS(Slave Select)専用端子を1ポート搭載し、正論理/負論理の選択が可能です。

I2Cはマスターモードとスレーブモードを搭載。通信モードはStandard、Fast、Fast-mode Plus、High-speed、Ultra-fastの5つの通信プロトコルモードをサポートし、対応周波数は1kHz〜5MHz(スクリプト使用時)。クロックストレッチ、マルチマスターに対応しています。

スレーブモード(2ch)でSPI/I2Cメモリーデバイス(EEPROM、FlashROM)をエミュレートするソフトウェアを標準添付し、設定したアドレスに対しNACKを返したり、任意の時間クロックストレッチを発生させるなど、実際のメモリデバイスでは発生させることが難しいさまざまな状態を、擬似的に発生させることが可能です。

REX-USB61mk2からデバイスへは、1.8V、2.5V、3.3V、5Vの電源供給が可能。接続デバイスが電源をもつ場合、外部から電源端子に電圧(1.8V〜5Vの間で任意)を入力することで、その電源をインターフェイス電源として使用できます。

USB2.0 Hi-Speed転送の採用、対応周波数の向上等により、REX-USB61(USB2.0 Full Speed転送)と比較して約6倍の転送速度を実現(SPI使用時)。高速転送が求められるデバイスとのSPI/I2C通信に適しています。

標準添付のユーティリティにスクリプトを記述し、デバイスのRead/Write、ビット演算、分岐などを組み合わせた自動制御がおこなえます。また、従来モデルではソフトウェア上で実行していたスクリプトの一部を、ハードウェア内にダウンロードして実行させることにより、処理の高速化を実現しました。

REX-USB61mk2は、従来品でいただいていたエンジニアの様々な要望に応えた仕様に仕上げています。仮想COMポートをサポートし、ターミナルソフトから簡単なコマンドでSPI/I2Cデバイスにアクセスすることができるようになりました。また、1bit単位のIN/OUT設定に対応したDIOが最大8bit使用可能で、入力設定時の割り込み発生を上位アプリケーションに通知することができます(使用するモードにより使用可能bit数が異なります)。本体にはインターフェイス電源の状態を確認できる「ExPower LED」を搭載。インターフェイス電源供給中の取り外しによる本製品およびデバイスの破損を防ぎます。

本製品の外形寸法は69(L)×115(W)×19.5(H) mm、重量は約98g(本体のみ)。接続用のSPI/I2Cばら線ケーブル(約15cm)を添付しています。

【2015年3月6日訂正】
SPIおよびI2Cの対応周波数に、「(スクリプト使用時)」を追記しました。


■REX-USB61mk2(SPI/I2Cプロトコルエミュレーター(ハイグレードモデル))
【特徴】
● SPI/I2C 両対応の高性能USB接続アダプター
 − SPIはマスター/スレーブ、Single/Dual/Quadをサポート
 − I2Cはマスター/スレーブ、5つの通信プロトコルをサポート
● スレーブモード(2ch)でデバイスのエミュレートが可能
● デバイスおよび本製品への電源供給可能
 − デバイスへの電源供給可能 (1.8V〜5Vまで4レベル)
 − 本製品への電源供給可能(1.8V〜5V対応)
● 新設計による高速転送を実現
● 最大8bitのDIOをサポート
● スクリプトによる自動制御が可能
● 仮想COMモードをサポート
● ユーザーアプリケーション環境をサポート
● 本製品を最大4台まで接続可能
● ハウジング付ばら線ケーブル添付
● LED確認でデバイスを安全に取り外し
● ファームウェアのバージョンアップが可能
● 有害6物質不使用

【対応パソコン】

USBポートを装備したWindows PC

【対応OS】

Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista
※32ビット/64ビット両対応

【対応デバイス】

SPI/I2Cバス搭載の機器

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/usb61mk2.html

ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る