トップ > ニュースリリース > REX-SATA各シリーズ交換用トレイをUSB HDD化する接続キットを数量限定で販売

■新製品■
REX-SATA各シリーズ交換用トレイをUSB HDD化する接続キットを
11月中旬より数量限定で販売

2015年10月22日
ラトックシステム株式会社は、REX-SATAシリーズの新製品「SA-IFK-U3X」を11月中旬より出荷開始いたします。
SA-IFK-U3X(トレイ接続側) SA-IFK-U3X(背面) トレイ装着イメージ
製品名 製品型番 標準価格
JAN 発売予定 製品情報
REX-SATAシリーズ USB3.0/2.0トレイ接続キット SA-IFK-U3X ¥5,400(税別)
¥5,832(税込)
4949090720640 2015年11月中旬 製品情報 >>

本製品は、ラトック製リムーバブルケース REX-SATA各シリーズの交換用トレイと組み合わせて使う接続キットです。 別売の交換用トレイに本製品を装着することで、SATA HDD装着済みの交換用トレイをUSB HDDとして使用できます。

交換用トレイは市販のSA3-TRシリーズ、SAM-TRシリーズのほか、REX-SATA 3/REX-SATA M/REX-SATA/REX-RAIDシリーズに添付しているトレイに対応しています。

本製品はOS標準ドライバーで動作し、USBポートをもつノートPCやMacなど幅広いパソコンに接続可能。8TB HDD(Seagate製)にて動作確認済みです。

本体は縦置き・横置きの両方に対応しており、3.5インチHDD内蔵の一般的な外付けハードディスクとほぼ同じスペースに収まります。内蔵リムーバブルケースで運用しているトレイを外付けでも使用したいと思っている既存ユーザや、企業間の大容量データの受け渡しをネットワークを介さず物理的におこなうなどの用途に適しています。

SA-IFK-U3Xは数量350台の限定販売です。 外形寸法と重量は、約117mm(W)×45mm(L)×36mm(H)(スタンド含まず)・約80g。(別売の交換用トレイと組み合わせた場合の外形寸法と重量は、約144(W)×234(L)×43(H)mm・約620gとなります)

■SA-IFK-U3X(REX-SATAシリーズ USB3.0/2.0トレイ接続キット)
【特徴】
● 交換用トレイを外付けハードディスクとして使用
● USB 3.0ケーブルで簡単接続
● 縦置き・横置き・スタックOKでレイアウト自在
● オリジナルユーティリティを提供 (Windows 8.1以前のみ対応)
● テレビの録画用ディスクとして使用可能
● FANレス静音仕様
● トレイをかしこく整理、安全に保管(別売オプション利用)

【対応機種】

●USB3.0もしくはUSB2.0ポートを装備したWindows PC
●USB2.0 HDDが接続可能なテレビ、 torneTM

【対応OS】

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista
MacOS X 10.10.x、10.9.x、10.8.x、10.7.4

※32ビット/64ビット両対応

【対応トレイ】

以下のいずれかのシリーズに対応した交換用トレイ
●REX-SATA 3 ●REX-SATA M ●REX-SATA ●REX-RAID

本製品は、REX-SATA Mトレイに搭載しているメモリ液晶の表示更新が可能です(Windows 8.1以前のみ)

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/saifku3x.html

ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る