ラトックトップ
法人のお客様サイトマップEnglish
 
トップ > 製品情報 > お役立ち特集 > eSATAを使いこなす!
 

eSATAを使いこなす!



大容量データの安定した高速転送を求めるユーザは、外付け用ポートとして「eSATA」を選択しています。ここでは、内蔵SATA規格から生まれたeSATAならではの特徴と、eSATAに対応した機器をご紹介します。

【基礎編】
  1. 内蔵のスタンダード「シリアルATA(SATA)」
  2. 外付けに特化した規格 eSATA
  3. eSATAで高速転送を実現
【実践編】
  1. eSATAポートを増設する
  2. 内蔵SATAデバイスが外付けで使える
  3. 添付ツールで接続デバイスのホットプラグが可能
  4. ポートマルチプライヤは、例えるとeSATAのHUB
  5. プロフェッショナルにおすすめ!MacにeSATAを導入
【番外】もうひとつの外付け規格
   USBの新規格 USB3.0でスピードアップ

基礎編

内蔵のスタンダード「シリアルATA(SATA)」

従来のパラレルATA(IDE)は内蔵用の規格として広く採用されてきましたが、133MB/sを上限に速度向上が困難になったため、シリアル転送のATA「SATA」が現在の内蔵用ストレージ規格のスタンダードとなっています。

SATAの転送速度は1.5Gbps(約150MB/s)からスタートし、現在は3Gbps(約300MB/s)、6Gbps(約600MB/s)に対応した製品が数多く存在しています。高速性だけではなく、ケーブル幅のスリム化によるケース内部のエアフロー改善、ケーブル長の延長、ジャンパー設定が不要など、従来のパラレルATAに比べて使いやすさが格段に向上しています。
【規格を比較】
  パラレルATA
(IDE)
シリアルATA
最高速度 133MB/s 6Gbps(約600MB/s)
※eSATAは3Gbpsまで

ケーブル

太い(約48mm)
短い(45.7cm)
細い(約8mm)
長い(100cm)

HD設定

マスター・スレーブ
設定必要
設定不要
(Point-to-Point接続)

接続

内蔵のみ
内蔵
外付け(eSATA)

↑ページのトップへ

外付けに特化した規格 eSATA

eSATA(External SATAの略)は、内蔵用の規格であるSATAを外付けとして使うため、利便性を向上したものです。内部接続用SATAに比べて抜け落ちにくく、ケーブル挿抜可能回数を大幅にUPしたコネクタを採用。ケーブルは、ノイズ対策のシールドを強化したものとなっています。2012年5月現在のeSATAの最大転送速度は、3Gbps(理論値)です。
▼eSATAロゴが目印▼
(1.5Gbps転送) (3Gbps転送)
SATAケーブル
(L字型コネクタ)
eSATAケーブル
(I字型コネクタ)
内部接続の規格
外付けに最適化

↑ページのトップへ

eSATAで高速転送を実現

通常、USB2.0やIEEE1394で接続しているハードディスクや光学ドライブなどのストレージは、内蔵用の信号を外付け用の信号に変換して接続しているため、その処理に必要な時間だけ転送速度が低下してしまいます。eSATAはSATAネイティブな規格のため、信号変換によるオーバーヘッドがなく、外付けでも高いパフォーマンスを実現します。
接続例

↑ページのトップへ

実践編

eSATAポートを増設する

パソコンにeSATAポートがない場合は、eSATAポートの増設が必要です。ラトックのeSATAホストインターフェイスは、PCI ExpressやExpressCardなど高速バス用のラインナップ充実。インターネットに接続しているWindows Vista/XPパソコンでは、インターネット上の最新ドライバが自動的に検出され、簡単にインストールできます。Windows 7は、Windows Updateでインストールをおこないます。Windowsでは、32ビット版、64ビット版の両方に対応しています。


■デスクトップパソコンに最適
eSATA PCI Express ボード
REX-PE30S詳細へ REX-PE30S
標準価格(税別) ¥5,300
対応OS(Win) 7/Vista/XP/2000/Server 2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
デスクトップPCのPCIeスロット用拡張ボード。3Gbps転送に対応。eSATA×1ポート、SATA×1ポート装備。LowProfileブラケット添付。
eSATA 2ポート PCI Express ボード
REX-PE32S詳細へ REX-PE32S
標準価格(税別) ¥5,300
対応OS(Win) 7/Vista/XP/2000/Server 2008/Server 2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
デスクトップPCのPCIeスロット用拡張ボード。3Gbps転送に対応。eSATA×2ポート装備。LowProfileブラケット添付。
eSATA 4ポート PCI Express ボード
REX-PE34-Z詳細へ REX-PE34-Z
標準価格(税別) ¥26,000
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP/2000/Server 2008/Server 2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
デスクトップPCのPCIe x8/x16スロット用拡張ボード。3Gbps転送に対応。eSATA×4ポート装備。
eSATA PCI ボード
REX-PCI15PM詳細へ REX-PCI15PM
標準価格(税別) ¥10,500
対応OS(Win) 7/Vista/XP/2000/Server 2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
デスクトップPCのPCIスロット用拡張ボード。eSATA×1ポート、SATA×3ポート装備。LowProfileブラケット添付。
■ノートパソコンに最適
eSATA ExpressCard/34
REX-EX30S詳細へ REX-EX30S
標準価格(税別) ¥10,500
対応OS(Win) 7/Vista/XP/2000
    Server 2003/2000 Server

対応OS(Mac) X 10.4以降
ExpressCardスロット用カード。3Gbps転送に対応。eSATA×1ポート。
eSATA CardBus PCカード
REX-CB15S詳細へ REX-CB15S
標準価格(税別) ¥5,300
対応OS(Win) 7/Vista/XP/2000

CardBusスロット用PCカード。eSATA×2ポート。

↑ページのトップへ

内蔵SATAデバイスが外付けで使える

SATA HDD/SSDを専用のケースに入れて外付けのeSATA HDDとして使用し、SATAネイティブでデータ転送。Blu-ray DiscやDVDドライブなどのSATAデバイスを外付けにすれば、ベイのないパソコンでもSATAデバイスの機能がそのまま使用可能です。

■リムーバブルケース(REX-SATA3/REX-SATAシリーズ) 〜SATA HDDをリムーバブルHDDに。

リムーバブルケース(外付け1ベイ)
SA-DK1AES詳細へ SA-DK1AES
標準価格(税別) ¥12,800
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP/2000、Server 2008R2/2008/2003R2/2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
ホットプラグ対応。eSATAホストとの組み合わせで、電源ONのままHD交換が可能。3Gbps転送に対応。
リムーバブルケース(外付け1ベイ)〜USB3.0にも対応
SA3-DK1-EU3詳細へ SA3-DK1-EU3
標準価格(税別) ¥16,000
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP、Server 2008R2
対応OS(Mac) 10.4.x以降(eSATA)
ホットプラグ対応。eSATAとUSB3.0装備で、幅広いパソコンに接続可能。
リムーバブルケース(外付け5ベイ)
SA-DK5-ESR詳細へ SA3-DK5-EU3R
標準価格(税別) ¥52,000
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP/Server2008R2/2008
対応OS(Mac) X 10.4以降
5台のHDDを1本のケーブルで接続!3Gbps転送に対応。ポートマルチプライヤ対応。
 

■外付けドライブケース

5インチドライブケース
SA-EC5ES-BK詳細へ RS-EC5ES-BK
標準価格(税別) ¥8,500
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP/2000、Server 2008R2/2008/2003R2/2003
対応OS(Mac) X 10.4以降
5インチベイ内蔵型のSATAデバイスを外付けにできます。3.5インチHDDも装着可能。3Gbps転送に対応。
5インチドライブケース〜USB3.0にも対応
RS-EC5-EU3詳細へ RS-EC5-EU3
標準価格(税別) ¥12,400
対応OS(Win) 8/7/Vista/XP、Server 2008R2
対応OS(Mac) X 10.4以降
5インチSATAデバイスを外付けにできます。eSATAとUSB3.0装備で幅広いパソコンに接続可能。3.5インチHDDも装着可能。

↑ページのトップへ

添付ツールで接続デバイスのホットプラグが可能

ラトックのSATA/eSATAホストインターフェイスは、オリジナルのソフトウェア「ホットプラグツール」付き。パソコンの電源を入れたまま、USBライクにeSATAデバイスを抜き差しできます。
▼対応製品▼
REX-PE30S詳細へ REX-PE32S詳細へ REX-PE34-Z詳細へ
REX-PE30S REX-PE32S REX-PE34-Z
REX-PCI15PM詳細へ REX-EX30S詳細へ REX-CB15S詳細へ
REX-PCI15PM REX-EX30S REX-CB15S
【Windows】
ラトックオリジナル「ホットプラグツール」を添付しています。デバイスを検出すると、タスクトレイにアイコン表示。デバイス取り外し時はこのアイコンから「安全に取り外し」を実行します。
■SATAデバイスを接続するとタスクトレイにアイコンを表示
本製品とeSATAデバイスが接続されると、自動的にタスクトレイへアイコンを表示。(ツールを常駐しない設定をおこない、手動で起動してアイコン表示することも可能です。)
■デバイス取り外し時はアイコンをクリック
デバイスを取り外すときは、ホットプラグアイコンをクリックし、取り外したいドライブの「安全に取り外します。」を選択します。 パソコン起動中でもデバイスを停止して、安全に取り外せます。
■デバイスの誤切断を防止する警告を表示
アクセス中のデバイスを取り外し選択してしまった場合、警告メッセージを表示。データコピー中などのうっかり取り外しを防止します。
【MacOS】
ドライブアイコンをゴミ箱にドラッグするだけで、安全にデバイスを取り外すことができます。

↑ページのトップへ

ポートマルチプライヤは、例えるとeSATAのHUB

ポートマルチプライヤ対応SATAII規格に含まれているポートマルチプライヤ。SA3-DK5-EU3Rの場合、例えばデータ読み込み時はケース内部のポートマルチプライヤコントローラが5台分の信号を束ねて1本のケーブルに伝送。ボード(ホスト側)に搭載しているポートマルチプライヤコントローラで信号を分割します。
<SA3-DK5-EU3Rの例>
SA-DK5-ESRはハードウェアRAID機能を搭載したリムーバブルケースです。複数のRAIDを組み合わせた環境を構築するには、ホストがポートマルチプライヤに対応している必要があります。

ポートマルチプライヤ対応なら、ケーブル1本で複数デバイスの接続が可能に!
ポートマルチプライヤは、対応デバイスと対応ホストが揃うことで実現します
▼対応製品▼
ホストインターフェイスカード デバイス
REX-PE30S詳細へ REX-PE32S詳細へ REX-PE34-Z詳細へ REX-EX30S詳細へ REX-PCI15PM詳細へ SA-DK5-ESR詳細へ
REX-PE30S REX-PE32S REX-PE34-Z REX-EX30S REX-PCI15PM SA3-DK5-EU3R

↑ページのトップへ

プロフェッショナルにおすすめ!MacにeSATAを導入

ラトックのeSATAホストカードは、MacOS X 10.4以降に対応したモデルが充実。Mac ProのPCI Express x16スロットにREX-PE34-Zを増設し、HDD5台を格納できるSA3-DK5-EU3RでRAIDを組み、さらに高速転送が可能に。映像・音響分野など、高速・大容量に加えて、信頼性が求められるプロフェッショナル用途のストレージとしてもおすすめです。
▼対応製品▼ ▼ハードウェアRAID搭載▼
REX-PE30S詳細へ REX-PE32S詳細へ REX-PE34-Z詳細へ REX-EX30S詳細へ SA3-DK5-EU3R詳細へ SA-DK2R1U-R詳細へ
REX-PE30S REX-PE32S REX-PE34-Z REX-EX30S SA3-DK5-EU3R SA-DK2R1U-R
※MacOS X 10.5からMacOS X 10.6(Snow Leopard)にアップデートをおこなった場合は、アップデート後にドライバを再インストールします。
※MacOS X 10.7(Lion)ではSiliconImage社のサイトからドライバを入手し、インストールをおこないます。

↑ページのトップへ

copyright RATOC Systems,Inc. お問い合わせ | 本ウェブサイトのご利用にあたって
  このページトップへ