トップ > 製品情報 > パソコン自動切替器 > REX-220DVI
■パソコン自動切替器 PS/2接続 DVI-D・Audio対応(2台用) REX-220DVI

高画質DVIモニタを複数パソコンで共有
-2台のPCを1組のマウス・キーボード・DVIモニタで操作。Audio単独切替対応。

DVIモニタ専用。2台のパソコンを1組のマウス・キーボード・モニタで操作。オーディオの単独切り替え対応。
出荷完了
パソコン自動切替器 PS/2接続
DVI・Audio対応 (2台用)
製品型番 価格(税別) JANコード
REX-220DVI ¥18,800 4949090400054
対応OS(Win) Vista/XP/2000/Me/98SE
対応OS(Linux) 確認済みディストリビューション
製品写真

製品特徴

1組のキーボード・モニタ・マウスで2台のパソコンを操作

パソコンを切り替えるREX-220DVIを使えば、2台のパソコンを切り替え、1組のコンソール(キーボード・DVIモニタ・マウス)で操作することができます。
使い慣れたキーボードとマウスを複数台のパソコンで使用すれば、作業効率がグンとアップ。
切替器を導入すれば大きくかつ高価なモニタを複数台そろえる必要がなく、省スペースで経済的です。

DVIモニタ専用!デジタルならではの高品質なモニタを共有

液晶モニタなどのデジタル駆動のディスプレイに、デジタルのまま信号伝送できるDVIを採用。信号変換による劣化やひずみ、にじみがない高画質なDVIモニタを2台のPCで切り替えて共有できます。
DVIモニタ接続イメージ
DVI-D(24ピン)ケーブルコネクタ
DVI-D(24ピン)ケーブルコネクタ

また、CGやCAD、DTPなどのプロフェッショナル用途にも対応できる最高解像度 1600×1200 までをサポート。DVI-D DualLink対応(Max.350MPix/Sec.)。

オーディオ機器の単独切替にも対応

オーディオ対応 スピーカとヘッドセットを簡単切替
  スピーカ、マイク、ヘッドセットなど、音声入出力デバイスも切替。スピーカ内蔵モニタにも対応しています。
前面と背面に選んで使えるオーディオポート装備
  前面・背面両 Audio ポートに機器を接続している場合は前面の機器が優先されるので、いつも使うスピーカを背面に接続したまま、ヘッドセットを前面ポートに挿すだけでつなぎ直すことなく使用できます。
パソコンを使用したIP電話*や英会話などのeラーニング、音が気になる深夜の使用に最適。
* IP電話を利用するためにはプロバイダとの契約が必要です。
オーディオ機器の単独切替OK! オーディオの単独切替OK
  オーディオを含めたコンソールの切り替えはもちろん、コンソールだけ・オーディオだけの単独切替もOK!パソコンで作業をしながら、他のPCをMP3やCDプレーヤがわりにして音楽を聴いたり、他のPCのメール着信やCD/DVD書込完了など動作状況をスピーカから知ることが可能になります。

縦置き・横置き自在の省スペース設計

縦置き横置き両対応切替器本体は横置き・縦置き両対応。

付属の縦置きスタンドを装着して、安定感のある縦置きタイプに。省スペースなので、切替器をモニタ横に設置すれば、手軽にパソコン切替、ヘッドセット接続が可能となります。

また、前面オーディオポートを除くすべてのコネクタを切替器背面に集約しているので、横置きでも設置に場所をとりません。

インテリマウス エクスプローラなど多機能マウスにも完全対応

PS/2標準マウスはもちろん、Microsoft インテリマウス エクスプローラ やLogicool MXシリーズにも完全対応!REX-220DVIは切替器経由でもチルトホイールや多ボタン機能が使える多機能マウスモード(ScrollLock-ScrollLock-L)を搭載しています。
>> 動作確認済みリスト(マウス)
チルトホイールマウス
従来の切替器ではすべてのマウスが単なるPS/2マウスとして認識されるため、チルトホイールや多ボタンなどの追加機能はあきらめざるを得ませんでした。

本製品では多機能マウスモードに切り替えることで、これらの機能のサポートを実現。インテリマウス エクスプローラやLogicool 多ボタンマウスなどを接続すると、あらかじめインストールしておいた追加機能ドライバがロードされ、チルトホイールボタンやサイドボタンが使用可能になります。
多機能マウスモード解説

切替ボタン・ホットキーの2通りの切替に対応

切替ボタン写真 ホットキー写真
切替ボタン ホットキー
切替器本体に装備する切替ボタン、あるいはキーボード上の指定のキー(ScrollLock−ScrollLock−A/C/M+PC番号)を押すホットキーによるパソコンの切替が可能です。ホットキーではキーボード上から手を離さずにパソコンを切り替えるので、快適に作業を継続することができます。

裏起動OK!パソコン起動時ポートの選択不要

ポートの切り替えなしに起動OKパソコン起動時、切替器によるPCの選択は必要ありません。モニタからのEDID読み出し回路を搭載することにより、非選択PCのモニタも設定済みの解像度できちんと表示されます。

また、切替器からキーボードポートにはエミュレーションシグナルが送られているため、キーボードエラーなくスムーズにパソコンを起動・再起動できます。

稼動状態の確認に便利なオートスキャン機能搭載

約10秒間隔で自動的にパソコンが切り替わるオートスキャン機能を搭載。サーバ監視や時間を要する処理中など、各パソコンの稼動状態を確認するのに最適な機能です。(開始:ScrollLock−ScrollLock−0、終了:スペース)

LEDおよび切替の確認音機能を搭載

切替器本体にはLEDを搭載。選択しているパソコン(緑)・接続しているパソコン(赤)がひとめでわかります。
また、切替時にはパソコンの切替を知らせる確認音が鳴ります。ホットキーによる確認音オン・オフの設定(ScrollLock−ScrollLock−S)ができますので、深夜など音が気になるシーンでは消音が可能です。

パソコンと切替器を接続するKVMケーブル添付

オールインワンケーブルコネクタ切替器とパソコンを接続する KVM DVI-Dケーブル(180cm)を標準添付。パソコンと切替器を接続するケーブル部分はAudioもまとめたケーブル1本で、配線もすっきり。

オプション品のロングケーブル(ケーブル長 300cm/480cm)は、離れた場所へパソコン本体を設置する場合に便利です。

簡単接続・簡単インストール

専用ドライバのインストール不要。プラグアンドプレイで、すぐに使えます。
切替器本体のコネクタと添付ケーブルはPC99カラー規格に対応しているので、キーボードやマウス、オーディオも色をあわせるだけで簡単に接続できます。
ページのトップへ戻る