トップ > 製品情報 > Raspberry Pi 関連製品(Triple-Rシリーズ) > RPi-CM3MB2 / RPi-CM3MB2-PoE

■RaspberryPi CM3キャリアボード RPi-CM3MB2 / PoE対応 RPi-CM3MB2-PoE

高い耐久性、利便性を兼ね備えた組込み用RaspberryPiキャリアボード


e2e store
RPi-CM3MB2/RPi-CM3MB2-PoEトップ RaspberryPi CM3キャリアボード
製品型番 価格(税別) JANコード
RPi-CM3MB2 ¥35,800 4949090440012
RPi-CM3MB2L ¥40,800 4949090440029
PoE対応 RaspberryPi CM3キャリアボード
製品型番 価格(税別) JANコード
RPi-CM3MB2-PoE ¥54,800 4949090440036
RPi-CM3MB2L-PoE ¥60,800 4949090440043
対応機種 Raspberry Pi Compute Module 3 / 3Lite

高性能な小型版 CM3キャリアボード「RPi-CM3MB3」はこちら ⇒


製品特徴

 Raspberry Pi CM3に対応した高品質なキャリアボード

RPi-CM3MB2/-PoE は、産業機器、組込み機器でのIoT化を目的とした SoM「Raspberry Pi Compute Module 3/ 3 Lite(以下:CM3 / CM3 Lite)」に対応したキャリアボード製品です。組込みに適した設計で、FA/LA制御はもちろん、Modbusを利用したセンサデバイスやネットワークカメラ、デジタルサイネージ用デバイスとして様々な用途に活躍します。

本製品は、電源の安定性能を高め、電圧降下への対策だけでなく、瞬断などの予期しない外的環境にも耐えられるよう、安定的な動作が必要な産業用途での使用に耐えうる設計をおこなっています。
※掲載されている基板は開発中のものであり、実際の製品とは形状等が異なります。

 Compute Mobule 3 / 3 Lite に対応


RaspberryPi CM3を実装可能

RPi-CM3MB2 / -PoE は、産業機器、組込み機器でのIoT化を目的とした SoM「Raspberry Pi Compute Module 3/ 3 Lite(以下:CM3 / CM3 Lite)」に対応しています。

本製品のSO-DIMMスロットにCM3をセットし、接続デバイスにあったアプリケーションを動作させることで、様々な制御システムを構築することが可能です。


 Compute Module 3 Lite用 microSDスロットを搭載

本製品には、RaspberryPi CM3での使用はもちろん、フラッシュストレージの搭載されていない CM3 Liteを使用する場合でも、基板上に搭載されているmicroSDスロットにSDカードをセットすることで、OSを起動させることが可能です。

また、イニシャルコストを下げることが可能になるだけでなく、もしものシステムトラブルがあった場合でも、バックアップ用システムを製作しておけば、復旧作業におけるダウンタイムを減らすことができます。

 主電源消失時も安全に終了処理が可能な Li-ion電池搭載

本製品には、落雷や断線など、想定外の停電時にも安心して動作を停止させることが出来るバックアップ用リチウムイオン電池を搭載しています。 停電時は自動的に待機電源へ移行するので、瞬断することなくシステムをシャットダウンさせることが可能です。


 5V / 3.3V / 1.8V の オンボード・レギュレータを搭載

RPi-CM3MB2 / RPi-CM3MB2-PoEには、様々な機器との接続を想定し、より安定した電源供給がおこなえるよう5V / 3.3V /1.8Vのオンボードレギュレータを搭載しています。

Power On / Off(ソフトウェアシャットダウン)回路を搭載

本製品には、ボタンひとつで電源のON/OFFがおこなえるシャットダウン用ハードウェアボタンを搭載。抜挿での想定しない過電流を防ぐだけでなく、Raspberry Piへ接続される給電ケーブルの抜挿操作は必要ありません。


CSIコネクタ、DSIコネクタを搭載

本製品は、Raspberry Piのカメラモジュールや、ディスプレイモジュールに準拠した機器を接続できるよう、それぞれのコネクタが搭載されています。

DISPLAY / CAMERA用リボンコネクタ

タッチディスプレイ・カメラを用いた
受付システム・勤怠管理システムなど

受電可能なPoEアダプターを搭載(RPi-CM3MB2-PoE)

RPi-CM3MB2-PoEに搭載されるEthernetアダプターは、LANケーブルを利用して電力を供給できる技術「PoE」に対応したアダプター(受電タイプ)を採用しています。

電力の確保が難しい状況下であった場合でもEthernet経由で電力を受電できるため、設置が容易で、電力確保のためのコンセント設置工事などが必要なく、システム導入時のイニシャルコストを削減することが可能です。

※PoE環境を実現するためにはPoE(給電)対応のHUB等が必要です。

RPi-CM3MBシリーズ用 拡張ボードを順次導入予定

Raspberry Piを特定の機能に特化させて使用する場合、専用のモジュールがあればより便利に活用できます。
本製品を拡張するモジュールを順次導入予定。 FA/LA機器の制御用デジタル I/Oボードや、各種センサのアナログ波形を計測できる A/Dコンバーター、サーボモーターの動作制御に PWM I/Oなど、豊富にラインナップしています。

今後追加される キャリアボード用 I/Fボード
RPi-CM3MB2 / PoEを拡張する i/Fボード。組込みに適したI2C接続を採用しています。
RPi-GP10 デジタル I/Oボード(絶縁タイプ)
DI部 DO部
絶縁型デジタル入力 8点(端子台)
CM3のGPIOを接続可能な入力端子 1点
高速デジタルアイソレータを使用
応答速度 5μsec(最大)
DC5〜24V対応

絶縁型オープンコレクタ
出力 8点(端子台)
CM3のGPIOを接続可能な出力端子 1点
DC5〜24V対応


RPi-GP40 アナログ入力ボード(絶縁タイプ)
アナログ・アイソレーション入力シングル 8点/差動 4点
入力電圧レンジを選択可能(0〜5V、0〜10V、4〜20mA)

RPi-GP60 シリアル I/Fボード
RS-422A/485ポートを搭載
RS-232Cとしても使用可能
ページのトップへ戻る