トップ > 製品情報 > シリアル(SPI/I2C・RS-422/485) > REX-USB61
■SPI/I2Cプロトコルエミュレーター REX-USB61

ソフトウェア一覧

ドライバー Windows 10/8.1/8/7/Vista x64用セットアップファイル
Windows Vista x32/XP/XP x64/2000用INFファイル
ユーティリティ SPI/I2C制御ユーティリティ
EEPROM用ユーティリティ
Windows XP/XP x64/2000用INF削除ユーティリティ
サンプルプログラム

VC++ 2010/2005/6.0,
VB2010/2005/6.0,
VC# 2010/2005
SPI/I2Cマスター用 EEPROM Read/Writeサンプルプログラム
I2Cスレーブ用サンプルプログラム
ライブラリ SPI/I2C機器制御用ライブラリ
VC用へッダファイル、VB6用標準モジュール、
VB.net用関数宣言ファイル、VB.net/C#用OCX、


ユーティリティ

SPI/I2C制御ユーティリティ

SPIまたはI2Cインターフェイスを持ったターゲット機器を制御するための以下の機能を持ちます。
  • SPIデバイスの制御(マスタ動作)
  • I2Cデバイスの制御(マスタ/スレーブ動作)
  • PORTピンの制御
  • 各種設定値のRead/Write
  • 設定ファイルの保存(BINファイル形式)
  • 設定ファイルのロード
  • ログファイルの保存(CSVファイル形式)


EEPROM用ユーティリティ

SPI/I2C Serial EEPROM/Flash ROM制御用するプログラムで、以下の機能を備えます。
  • EEPROMからローカルメモリーへデータの読出し
  • ローカルメモリー上のEEPROMデータのファイルへの書き出し
  • EEEPROMデータファイルからローカルメモリーへ読み込み
  • ローカルメモリーからEEPROMへのデータの書込み
  • バイナリー編集機能



サンプルプログラム

SPI/I2Cマスター用 EEPROM Read/Writeサンプルプログラム

SPIまたはI2Cインターフェイスを持ったEEPROMに対して、データのRead/Writeをおこないます。


I2Cスレーブ用サンプルプログラム

REX-USB61をI2Cスレーブとして各種設定をおこない、動作させることができます。


ライブラリ

アプリケーションソフトを作成するためのAPIライブラリを提供しています。
VC, VB6, VB.net, C#等から使用できます。

API関数(VC)一覧表

関数名

機能

usb61_open デバイスの使用を開始する
usb61_close デバイスの使用を終了する
usb61_power_control ターゲットデバイスへの電源供給
usb61_get_fw_version ファームウェアのバージョン取得
usb61_get_dll_version DLLのバージョン取得
usb61_get_hw_info ハードウェアの情報取得
usb61_mode_change SPI/I2C, マスタ/スレーブモード切替
usb61_set_interval 送信データ1バイト毎の時間間隔を設定
usb61_gpo_write Portピンへのデータ出力
usb61_i2c_pullup I2Cのプルアップ設定(SDA, SCL)
usb61_i2c_bus_reset I2Cバスリセット
usb61_i2c_set_freq I2Cインターフェイス周波数の設定
usb61_i2c_set_freq_ex I2Cインターフェイス周波数の設定(1KHz単位で設定)
usb61_i2c_read_master I2Cバス経由のリード(マスタ側)
usb61_i2c_read_master_ex I2Cバス経由のリード(マスタ側) ※ダブアドレスも指定
usb61_i2c_write_master I2Cバス経由のライト(マスタ側)
usb61_i2c_read_slave I2Cバス経由のリード(スレーブ側)
usb61_i2c_set_response_data I2Cマスタへ転送するデータをセット(スレーブ側)
usb61_spi_set_freq SPIインターフェイス周波数の設定(1KHz単位で設定)
usb61_spi_transmit_master SPIバス経由のデータ転送(マスタ側)
※SSラインをHighへ戻す
usb61_spi_transmit_master_hold_ss SPIバス経由のデータ転送(マスタ側)
※SSラインをHighへ戻さない
ページのトップへ戻る