トップ > 製品情報 > スマートフォンアクセサリー > RS-BTWATTCH2
■Bluetoothワットチェッカー RS-BTWATTCH2

製品仕様

名称 Bluetoothワットチェッカー
型番
RS-BTWATTCH2 RS-BTWATTCH2A
対応機種・OS Bluetoothを搭載したスマートフォン・タブレット

iOS 12.0以降の iPhone, iPad
Android 6.0以降の スマートフォン・タブレット
接続可能な機器 100V/15A、1500Wまでの電気製品
準拠規格 Bluetooth 5.0
送信周波数範囲 2.4GHz
通信距離
見通し 20m(使用環境によって異なります)
接続可能台数 スマートフォン1台につき本製品の同時接続は最大4台まで
測定項目※
表示範囲
表示項目 表示範囲 測定精度
消費電力(W) 10W〜1500W ±1%保証測定範囲

1W〜10W ±2%保証測定範囲
電流(A/mA) 1A〜15A ±1%保証測定範囲

100mA〜1A ±2%保証測定範囲
電圧(V) 90〜110V ±1%保証測定範囲
消費電力量(kWh/Wh) 0mWh〜1,258,000kWh
CO2排出量(kg/g/mg) 換算値
電気料金(円、銭) 換算値
測定経過時間(日/時/分) 0〜1500日23時間59分
測定データ保存 1日単位で約50ヶ月分の消費電力量を保存可能
LED
Bluetooth未接続時 リレーON: 点灯
リレーOFF: 消灯
Bluetooth接続時 リレーON: 点滅(3秒点灯/0.1秒消灯)
リレーOFF: 点滅(0.1秒点灯/3秒消灯)
ペアリング状態 点滅(1秒間隔)
リセット 点滅(0.5秒間隔)
DFUモード 5回点滅(0.5秒間隔)後点灯
ボタン ON/OFF、ペアリング、リセット
定格電流 15A
定格電圧 100V 50/60Hz
プラグ仕様 2P
差込口 1口
消費電力 0.7W
雷ガード機能
最大瞬時電流 1200A
バリスタ電圧 470V
制限電圧 775V(10A)
最大サージ電圧 6kV(UL1449)
トラッキング対策 有り
動作環境 温度:10〜40℃、湿度:20〜80%(ただし結露しないこと)
外形寸法 約68(H)×52(W)×34.5(D)mm(突起含まず)
重量 約75g(本体のみ)
筐体材質 ABS樹脂
パッケージ内容
  • 製品本体
  • セットアップガイド
  • 保証書
ソフトウェア BT ワットチェッカー(Android用、iOS用)
※App Store、Google Playより無償ダウンロード
保証期間 1年
JANコード
4949090720893 4949090890206
標準価格(税別) ¥6,800

  • RS-BTWATTCH2AはAmazon専売品です。仕様/梱包内容はRS-BTWATTCH2と同一です。
  • 本製品の運用を理由とする損失、逸失利益等の請求につきましては、いかなる責任も負いかねますので、予めご了承ください。
  • 本製品は国内仕様となっており、海外についての保守およびサポートはおこなっておりません。
  • 記載されている名称・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • 予告なく外観または仕様の一部を変更することがあります。
  • 表示価格に消費税は含まれておりません。

測定仕様について

電気料金やCO2排出量などは目安です。料金とCO2は(累計電力量×電気料金単価またはCO2排出係数の換算値)により表示しています。このため、ご利用になる前にご契約先の電力会社や契約内容などにより換算値を適切に設定していただく必要があります。
電気料金単価の初期値(26円/kWh)は、東京電力の電力量料金(従量電灯B 120kWhから300kWhまでの第二段階料金)に基づいています。(⇒電気料金単価の算出例
CO2排出係数の初期値(500g/kWh)は、環境省の平成30年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数の公表資料に基づいています。

電波に関する注意
この機器の使用周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。 
  1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。 
  2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに電波の発射を停止した上、下記連絡先にご連絡頂き、混信回避のための処置等(例えば、パーティションの設置など)についてご相談してください。 
  3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、次の連絡先へお問い合わせください。
    (連絡先)
    サポートセンター 大阪:06-6633-0190 東京:03-5847-7604
    https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html
2.4 2.4GHz帯を使用する無線設備を表す。
FH 変調方式が周波数ホッピングであることを表す。
1 想定される与干渉距離が10m以内であることを表す。
全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能であることを意味する。
ページのトップへ戻る