トップ > ダウンロード > ソフトウェアダウンロード > ドライブケース/HDDケース > RATOC RAID監視マネージャー(Windows用)

RATOC RAID監視マネージャー(Windows用)
 
ソフト名: RATOC RAID監視マネージャー(Windows用)
バージョン: Ver.2.00.05
登 録 名: RATOC-EC3xRaidUtility-020005-Setup.exe
対応機種: RS-EC32-U31RRS-EC32-U3RシリーズRS-EC22-U3R
対応OS: Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
※32bit/64bit 両対応
掲載月日: 2016年12月16日
著作権者: RATOC Systems Inc.
ダウンロード
RS-EC32-U3Rシリーズ、RS-EC22-U3Rをご使用のお客様へ
Windows 8/Vista/Server 2008 R2にインストールする場合は、Ver 1.1.30をご使用ください。
◇ 対象製品:
  本プログラムは 以下の対象製品をご使用頂いているユーザに対して提供されるものです。
USB3.1 RAIDケース(HDD2台用) RS-EC32-U31R
USB3.0 RAIDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3Rシリーズ
USB3.0 RAIDケース(2.5インチHDD/SSD 2台用) RS-EC22-U3R
◇ 変更内容
  <Ver.2.00.05の変更内容>

  1. RS-EC32-U31Rに対応しました。
  2. 省エネ設定を製品個体ごとにおこなうように変更しました。
  3. 温度警告メッセージに製品名・ドライブレター・HDD型番の表示を追加しました。
  4. ウィンドウサイズを変更できるように修正しました。
  5. RAID作成時のドライブ選択を、チェックボックス から行選択に変更しました。

<Ver 1.1.30の更新履歴>

  1. Windows10で指紋センサー用ライブラリがインストールできない不具合を修正しました。

<Ver 1.1.29の更新履歴>

  1. RAID構成ディスク情報取得時の問題を修正しました。

<Ver 1.1.28の更新履歴>

  1. Windows8.1で指紋センサー用ライブラリがインストールできない不具合を修正しました。 (Windows 8以前のOSでは本問題は発生しません。)

<Ver 1.1.27の更新履歴>

  1. 同一USBハブにRAID1で構成された2台の本製品が接続されていると、2台目のRAID情報に1台目の情報が表示される不具合を修正。

<Ver 1.1.26の更新履歴>
  1. Windows8/8.1でHDDがスピンダウンしない不具合を修正
  2. S.M.A.R.T.情報のアトリビュートID:0xF1と0xF2の値が逆になっていた不具合を修正

<Ver 1.1.24の更新履歴>
  1. Mac用RAID監視マネージャーで作成した暗号化ディスクに対応
    *Mac版と併用して使用する場合は、指紋センサーは使用できません。

<Ver 1.1.17の更新履歴>
  1. RS-EC22-U3R対応となりました。
  2. RAID1モードでの手動リビルド機能を追加しました。
  3. 暗号化したRAID1ディスクでのリビルド中にディスクのロック・ロック解除の操作を行うとエラーが表示される不具合を修正しました。
  4. ログオフ時に、暗号化ディスクのロックに失敗してもログオフが中断しない不具合を修正しました。

◇ RATOC RAID監視マネージャーの機能
  RATOC RAID監視マネージャーは、RAID監視や省エネ設定、暗号化、ログ記録など、ディスクマネージメント機能を使いやすくまとめたオリジナルソフトウェアです。
使用方法の詳細は、RAID監視マネージャーマニュアル(PDF)をご確認ください。
  RAID監視マネージャーはタスクの通知領域に常駐し、右クリックすると各メニューが表示されます(右図)。以下の機能を提供します。
  • RAID管理
    −RAIDの作成・状態監視
    −暗号化ディスクの作成・認証(RS-EC32-U31R除く)
  • 情報管理
    −S.M.A.R.T情報の表示
    −イベントログの記録
  • 省エネ設定
    −省エネ・FAN制御・温度警告の設定
  • オプション設定
    −メール送信の設定
◇ ソフトウェア画面:
 
■RAID管理
<RAID作成> <RAID監視>

ドライブ・RAIDモード・ファイルシステムを選択。
ボリューム名を入力したら「RAID作成」をクリック!
ドライブを選択すると、ディスク情報を表示。
手動でリビルドを実行することもできます。
(RS-EC32-U31Rを除く)
<暗号化ディスクの作成> <認証画面>

※指紋認証は当社製SREX-FSU2のみの対応です
※RS-EC32-U31Rは暗号化ディスクの作成に対応していません。
■情報管理
<S.M.A.R.T情報の表示> <ログ情報の表示>
■省エネ設定 ■オプション設定
<省エネ・FAN制御・温度警告の設定> <メール送信の設定>
省エネ設定することで、消費電力を
最大69%ダウンすることができます。
異常発生やリビルド完了などを、
メールで通知することができます。

◇ 本ソフトウェアの制限
  RS-EC32-U31Rでは、以下の機能がお使いいただけません。
  • 暗号化管理
  • マスターディスク変更(RAID 1)
  • リビルド開始/停止(手動リビルド)(RAID 1)
  • リビルド設定(自動リビルドの無効化、リビルド優先度の設定)(RAID 1)
  • 省エネ・FAN動作情報のログ記録
RS-EC22-U3Rでは、以下の機能がお使いいただけません。
  • 省エネ設定のFAN制御
Windows 10でのRAID作成について
  • RAID構成時や暗号化ディスク作成時にエラーメッセージが表示されることがありますが、[OK]をクリックすれば問題なく使用できます。

◇ RS-EC22-U3Rに関する注意点
 
  • 添付CDに収録されているRAID監視マネージャー(Ver. 1.1.9)で、暗号化したRAID1ディスクでリビルドをおこなうと、リビルド中にディスクのロックまたはロック解除の操作でエラーが表示され、操作が完了しない不具合があることが判明しています。
    この場合は、リビルドを一度中断してロックまたはロック解除の操作をおこなうか、最新のRAID監視マネージャーを使用してください。
  • Buffalo社製SSD SHD-NSUM30G でFast USB Driverが正常に動作しない不具合が判明しております。標準のドライバでご使用ください。

◇ 解凍・更新方法について
  ダウンロードしたファイルをHDD上で実行致しますと、そのままインストールプログラムが開始されます。
インストール方法は以下のユーザーズマニュアルにも記載されています。
Windows用 RATOC RAID監視マネージャーユーザーズマニュアル(PDFファイル)
各OSの最新Service Packがインストールされた状態でご使用ください。

ソフトウェアダウンロード >>
ページのトップへ戻る