トップ > サポート > FAQ > リムーバブルケース > IDE-Dockシリーズ

IDE-Dock シリーズ(FAQ)2004-03-08版
● よくある質問 ●

Q 対応するパソコンは?
  1. ATAインターフェイスおよび5インチベイを標準装備したパソコン(PC/AT互換機)です。

Q PCIスロットに拡張したATAインターフェイスなどでの使用は可能でしょうか?
  1. 認識および動作が不安定な場合が報告されているため、サポート対象外としております。
    マザーボード上のATAインターフェイスに接続してください。

Q IDE RAID機能で使用することは可能でしょうか?
  1. 認識および動作が不安定な場合が報告されているため、サポート対象外としております。

Q IDE-Dockを5インチドライブ用の外付けドライブケースに装着して使用できますか?
  1. 認識および動作が不安定な場合が報告されているため、サポート対象外としております。
    弊社ドライブケース(RS-FWEC5/X/AL、RS-U2EC5/X/AL)および他社ドライブケースでの使用はできません。

Q 使用できるATAデバイスは?
  1. IDE/ATA仕様の3.5インチドライブです。
    トレイ側ケーブルコネクタ※ATAPIデバイスのコネクタ形状によっては、トレイにそのまま組み込めない場合があります。
    ※トレイ側は40ピン80芯コネクタ(右写真)を採用しています。

Q 2.5インチの内蔵ハードディスクは使用できますか?
  1. IDE-Dockに添付の交換用トレイは、2.5インチに対応しておりません。
    別売オプション 2.5インチハードディスク用トレイ RD-25MR1/RD-25MR1BKにてご使用いただけます。
    >> 交換用トレイのラインナップ

Q 対応OSは?
  1. ATA規格に対応したOS(Macintosh環境を除く)です。

Q ハードディスクの容量制限はありますか?
  1. ご使用のATAインターフェイスが対応している容量となります。
    137GB以上のハードディスク(BigDrive)をご使用の際は、マザーボードがBigDriveに対応しているかご確認ください。

Q ハードディスクを装着しましたが、認識されません?
  1. 以下の原因が考えられます。
    1. IDE-Dockおよびトレイ内のハードディスクの接続が正常に行えていない。
      ケーブル類がしっかり接続されているか、接続に間違いや漏れがないかご確認ください。

    2. ロックキーがONになっていない。
      IDE-MDK1のパワーランプ(緑)が点灯しているか確認ください。点灯していない場合はいったんパソコンをシャットダウンし、ロックキーをONにした後パソコンを起動してください。
      【注意!】ロックキーのON/OFFは、必ずパソコンの電源を切った状態でおこなってください。

    3. トレイに取り付けたハードディスクの設定が間違っている。
      IDEデバイスをいくつか接続している場合は、ひとつのバス上でMaster/Slaveの設定が重複していないか確認してください。 IDE-DockをMasterで使用したい場合はハードディスクをMasterに、IDE-DockをSlaveで使用したい場合はハードディスクをSlaveに設定してください。 IDE-Dock側にMaster/Slaveの設定はありません。
      ※ハードディスクのMaster/Slaveの設定については、ハードディスクのマニュアルを参照ください。

    4. ハードディスクがフォーマットされていない、またはOSでサポートされていない形式でフォーマットされている。
      OSの管理ツールやフォーマットユーティリティなどで、ハードディスクの初期化作業を行ってください。


Q パソコンの起動中にトレイを交換してもいいでしょうか?
  1. IDE-Dockはホットスワップに対応していません。パソコンの起動中にロックキーのON/OFFを行うと、いずれかの機器が破損するおそれがあります。起動中のトレイ交換は絶対にしないでください

    ※起動中にトレイ交換可能なシリーズとして、FireDockシリーズU2-Dockシリーズがございます。

Q IDE-Dockに搭載されたハードディスクドライブからOSの起動はできますか?
  1. IDE内蔵ハードディスクと同様に、OSの起動(ブート)可能です。

Q IDE-Dockに装着するハードディスクはMaster/Slave どちらに設定すればよいですか?
  1. 構成により異なります。IDE-DockをMasterで使用したい場合はハードディスクをMasterに、IDE-DockをSlaveで使用したい場合はハードディスク をSlaveに設定してください。
    ※ハードディスクのMaster/Slaveの設定については、ハードディスクのマニュアルを参照ください。

Q IDE-Dockに使用の交換用トレイは、他のFireDock、U2-Dock、SATA-Dockで使用可能ですか?
  1. 使用可能です。
    ただし、FireDock、U2-Dock、SATA-Dockに装着する場合は、ハードディスクの設定をMasterにしておく必要があります。IDE-DockでSlaveとしてご使用の場合は、ご注意ください。

Q Windows98SE FDISK を実行した場合、確保容量を正しく表示しません?
  1. 再起動後、Windows98SE上で右クリックのフォーマットを行えば正しい容量となります。
    これは、Windows98,98SEのFdiskが64GB以上をサポートしていないためで、ちょうど64GBを引いた数値となります。 Windows Meでは修正されています。詳しい記載がMicrosoft WEB サイトにあります。
    <Microsoft社のホームページ>
    http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articles/263/0/44.asp

Q Windows XP/2000でFAT32またはNTFSでは初期化できるが、FATで初期化できません?
  1. 弊社の調査した限りにおいて、ご使用の環境によっては上記現象が発生することを確認しております。ハードディスクドライブ製品すべてで発生しているため、OS側の問題と考えられます。FAT32またはNTFSフォーマットでお使いください。

Q Windows XP/2000でFAT32で初期化作業を行うと、初期化作業中エラーが発生し作業が完了できません?
  1. OS側の仕様により、30GBを超えるハードディスクを接続した場合、NTFSでのフォーマットしか行えません。

Q Windows XP/2000でNTFSフォーマットしたハードディスクが、Windows 98/Meで使用できません?
  1. Windows 98/MeではNTFSフォーマットをサポートしていないため、使用することはできません。Windows XP/2000環境とWindows 98/Me環境ともに使用する場合、Windows 98/Me環境でFAT32でフォーマットしてご利用ください。

● 保守サポートに関して (共通)●


Q 修理およびサポートの窓口は?
  1. 電話でのお問い合わせはラトックシステムサポートセンター
    TEL 大阪 06-6633-0190 東京 03-5847-7604(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
    をご利用ください。

    E-MAIL、FAXでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
    ・E-MAIL:サポートセンター宛メール
    ・FAX:06-6633-3553

    修理依頼
    修理受付と窓口のご案内

    ※修理およびサポートの提供期間について
    出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、サポートの提供を終了させていただいております。詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。

Q 海外でのサポートは?
  1. 本製品は、日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートはおこなっておりません。

Q ユーザーズマニュアル、鍵を紛失したので入手したいのですが?
  1. マニュアルに関しましては、弊社ホームページにてマニュアルのPDFファイルを公開しております。
    鍵(ロックキー)は、ラトックプレミア 楽天市場店 (https://www.rakuten.co.jp/ratoc/)にて販売しております。

Q 交換用トレイは、どこで購入できますか?
  1. ラトックプレミア 楽天市場店 (https://www.rakuten.co.jp/ratoc/)で取り扱っています。
    (マニュアル等に掲載しているオプション品は、販売を完了していることがあります。あらかじめご了承ください。)
ページのトップへ戻る