トップ > ソリューション > もろみ品温監視ソリューション

ソリューション

もろみ品温監視ソリューション

酒造タンクの品温を事務所のパソコンで一括管理。
警戒温度になるとクラウド経由でスマホに通知。

酒造品温モニタリングシステムは、酒造の酒母・もろみ工程における「品温管理」を支援。自動計測により現場の負担を軽減し、高頻度・高精度の品温データを収集することでもろみの状態を昼夜問わず見守れる、酒造現場のためのソリューションです。

酒造の現場に欠かせない品温管理

品温管理はもろみ仕込みの重要な要素です

原料となる米や麹、水質のほか、清酒の酒質を決める大切なポイント、それが品温管理です。
生産工程の酒母づくりともろみ仕込みの段において、どのような品温管理をおこなうかが酵母の活動に大きく関係しており、酒の味や香りなどの酒質を決める重要な要素といえます。

「酒母(もと)」の工程では、適切な品温管理が優良な酵母の増殖を促します。
「もろみ仕込み」の工程では酒母に蒸米、麹、水を加えて原酒を造りますが、発酵の原料となる「糖化」と酵母のはたらきによる「発酵」が同時に進む並行複発酵により、アルコールが生成されます。これらはタンク内部の品温や外気温の影響を受けて進むため、品温を管理していかに糖化と発酵の進行バランスを理想に近づけるかがカギとなります。

酒造品温モニタリングシステムはこのような酒造の現場をサポートし、よりよい品温管理がおこなえる環境を提供します。


品温モニタリングシステムの概要

もろみの状況を品温できめ細かく見守ります

タンクごとにセンサーを取り付け、1時間ごとに品温と室温を自動計測。
別室にあるパソコンへは無線でデータを送り、計測結果をグラフで表示します。あわせて日本酒度、アルコールなどを入力すると、BMD曲線やA-B直線で進行状況を確認しながら総合的に品温の管理がおこなえます。

さらに、あらかじめ指定した品温の範囲を超えるとスマホに通知する機能により、不在時や宿直時も予期していなかった変化に気づくことができ、迅速な対応がおこなえるようになります。


品温モニタリングシステムのメリット

IT化により現場の負荷を軽減、見える化により酒質と量の向上がはかれます

日常業務の負担軽減


酒質の安定化と向上、生産量の向上

実績データの蓄積による継承

機材配置、構成の自由度が高いシステム


※仕込蔵の建築構造により、場合によっては、Sub-GHzによる電波が到達しないこともあります。


システム構成

品温を計測するセンサー本体とパソコンは、無線(Sub-GHz)で接続します。センサーは各タンクに設置、複数センサーとPCを接続した運用が可能です。パソコン(Windows 10/7)には専用アプリ「もろみ日誌」をインストールします。スマホ/タブレットには、iOS/Android版「もろみ日誌」をインストール。あらかじめPCから登録されたスマホ/タブレットでのみ、アラート通知の受信や品温データの表示、状ぼう写真の送信が可能です。

Powered by AWS Cloud Computing 本システムは、信頼性の高いAWSサーバーを用いて構築しています。


ハートコンピューターとの協力体制で安心

本システムは、酒造業界に多くのシステム納入とサポート実績があるハートコンピューターが販売いたします。ご購入の相談からシステム導入まで、安心のバックアップ体制を整えています。また、ハートコンピューターと当社は現場やお客様の声などの情報交換を継続し、「もろみ日誌」を向上・改善していく予定です。


ご購入に関するお問い合わせ先

【販売総代理店】株式会社ハートコンピューター
(酒類メーカー向け製造・販売システム最大手)
〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1565
電話:0749-82-5656 メール:info@heart.co.jp

ハートコンピューター公式サイトを見る

カタログダウンロード 製品情報をみる

本システムに関するお問い合わせ先

ラトックシステム(株)東京支店
コーポレート・ソリューショングループ


メールでお問い合わせ

ページのトップへ戻る