閑話休題(その2) eMMCとmicroSDカード

microSDカードには産業用(最近ではドライブレコーダ用)として耐久性が高い製品が販売されています。SLCと呼ばれるメモリ構造を使用したタイプが60,000回のR/Wに耐えられるということで販売されていますがmicroSDタイプのものは少なく8GBの容量でCM3 +を3枚買っておつりがくるような価格です。これに対しeMMC(embedded Multi Media Card:基板実装型マルチメディアカード)という名称が示しているようにNAND型のマルチメディアカードを基板上に実装できるようにBGAなどのパッケージに入れたものです。
[Read More…]

閑話休題(その1) Windows10_PCからSSHでCM3MBxにloginするには

 Windows10にはWindows PowerShellというUNIXのターミナル風のUtilityが組み込まれています。左下のWindowsアイコン -> [Programの一覧]からWindows PowerShellを起動してください。  

PowerShellが起動したら’>’のプロンプトに続けて   

arp -a<RET>


注)はリターンキーを示します。
[Read More…]

Computer Module 3 + を使う

Raspberry pi 3 B と同じCPUを搭載したCM3 +(Plus)シリーズが発表されたのは昨年(2019年)1月でした。Raspberry pi 3 Bと同様にmicroSDカードベースのCM3 + Lite(eMMCなし)モデル以外に8GB、16GB、32GBのeMMCを搭載した4種類のモデルが発売されました。CM3では4GB搭載モデルしかありませんでしたので、Raspbian Buster Lite(最新版、2019年以降 リリースでないとCM3 +が動作しません)しかインストールできませんが、8GB以上あればRspbian Buster with desktopもinstall可能です。機器組込用途では
[Read More…]