トップ > ニュースリリース > さらに使いやすく便利になったiPhone用紛失防止タグが新登場

■新製品■
鍵など大切なものの紛失・置き忘れ・置き引きを防ぐ!
さらに使いやすく便利になったiPhone用紛失防止タグが新登場

2013年3月14日
ラトックシステム株式会社は、iPhone用のBluetooth4.0+LE対応 紛失防止タグ REX-SEEK1-Xを4月上旬より出荷開始いたします。
REX-SEEK1-X写真 鍵を取り付けたREX-SEEK1-X
製品名 製品型番 標準価格
JAN 発売予定 製品情報
Bluetooth4.0+LE対応 紛失防止タグ
REX-SEEK1-X ¥4,200(税別)
¥4,410(税込)
4949090658462 2013年4月上旬 製品情報 >>

紛失防止タグ REX-SEEK1-Xは、Bluetooth SMART認証取得済みのiPhone用アクセサリーです。iPhoneに専用アプリ「REXSEEK」をインストールし、起動した状態で使用します。iPhoneからタグを呼び出したり、タグからiPhoneを呼び出すことができます。
●iPhoneから紛失防止タグを探す ●紛失防止タグからiPhoneを探す

また、一定の距離を離れたらおしらせする「離れたらお知らせ」、3D加速度センサーで揺れや振動を感知したらおしらせする「動いたらお知らせ」、iPhoneとタグの接続が切れたらお知らせする「接続が切れたらお知らせ」の機能も搭載しています。

本製品はiPhone 5/4S、iPad(第4/第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)に対応。寸法は約27mm×45mm×11mm、重量は約10gで、携帯しやすい軽量・コンパクト設計です。

REX-SEEK1-Xは、現在発売中のREX-SEEK1の後継機種となります。機能の見直しでさらに使いやすく、機能の充実でさらに便利な製品に生まれ変わりました。

新製品では、新たに接続が切れた場所をマップで表示する機能を搭載。アプリにiPhoneとの接続が切れた時間と場所を表示します。アプリからGoogleマップを呼び出して表示することもできます。接続が切れてタグが呼び出せないときに、便利な機能です。

また、ペアリング済みのタグが未接続から再接続する際にかかる時間を、従来モデルの半分に短縮して、快適さを向上しました。

さらに、「タグの機内モード」によりタグから発生する電波を停止が可能に。機内モード時の消費電流は、非接続時の約1/15と省電力です。
アプリ上に
マップ表示
Googleマップ
上に表示

本日より従来モデル(REX-SEEK1)を対象に、アップグレードサービスの提供をはじめました。これにより、従来モデルでも新製品と同様の新機能を使用いただくことが可能です。(⇒アップグレードサービスのご案内


■REX-SEEK1-X(Bluetooth4.0+LE対応 紛失防止タグ)
【特徴】New:従来モデルからの新機能
● iPhoneで大切なものの紛失を防止
● iPad miniやiPod touchにも対応 New
● 音・振動・光で場所をお知らせ(紛失防止)
● 指定の距離を離れるとお知らせ(置き忘れ防止)
● 揺れや振動を感知するとお知らせ(置き引き防止)
● iPhoneの電話着信時、本製品からもお知らせ
● 接続が切れた場所をマップに表示 New
● タグの登録は簡単3ステップ
● 再接続の時間が従来の半分に短縮 New
● タグの機内モードを搭載 New
● 入手しやすいボタン電池(CR2032)採用
● 通信距離は最大20m(理論値)
● 1台のiPhoneに最大4台組み合わせ可能
  ※iPad(第4世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)では、本製品1台のみの使用となります。
● 薄型・コンパクトサイズ

【対応スマートフォン・タブレット】

iOS5.1以降を搭載した iPhone5/4S、iPad(第4/第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)

【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/seek1x.html

ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。
報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る