トップ > ニュースリリース >RS-232CやRS-485/422Aに対応した RaspberryPi 拡張ボードを発売

■新製品■
産業機器・汎用機器をシリアル通信で制御
RS-232CやRS-485/422Aに対応したRaspberry Pi 用 拡張ボードを発売

2018年12月12日

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測、制御が可能なRS-232C, RS-485/422A シリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、2018年12月下旬より出荷開始いたします。

RPi-GP60

製品名 製品型番 標準価格 JAN 出荷開始日 製品情報

Raspberry Pi I2C 絶縁型
シリアルボード

RPi-GP60 \21,800(税別)
\23,544(税込)
4949090440098 2018年
12月下旬
製品情報 >>


RPi-GP60は、産業用途で採用されている安定性に優れたRS-485/422Aや、様々な環境下で広く使われているRS-232Cなどのシリアル通信が可能なRaspberry Pi 拡張ボードです。 本製品をRaspberry PiのGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラ)の制御や、各種測定器を使った計測が可能。アナログ、デジタルでの入出力が行えます。

本製品を Raspberry Pi CM3キャリアボード「RPi-CM3MB2/-PoE」「RPi-CM3MB3」へ導入することで、あらゆるシリアル通信環境を整えることが可能です。

2ポートのRS-232またはRS-485/422に対応
各ポートでRS-232,RS-485/422 (半二重/全二重)の設定が可能

RPi-GP60のシリアルポートは用途に合わせてRS-232、RS-485/422と変更が可能。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も自由に設定ができます。

また、RPi-GP60のポート設定は基板上のジャンパを切り替えるだけの簡単操作。切替はそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能です。

高速な動作に対応したデジタルアイソレーターを採用

本製品のアイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁をおこなう「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現します。


本製品の外形寸法は、約 65 x 56 mm(突起部含まず)、重量は 約 28g(本体のみ)

■RPi-GP60
(Raspberry Pi I2C 絶縁型 シリアルボード)

【特徴】
● Raspberry-Pi GPIO40Pinコネクタに装着する絶縁型シリアルボード
● DB9および10pinボックスヘッダをそれぞれ1基搭載
● 2ポートのRS-232またはRS-485/422に対応
● 各ポートでRS-232,RS-485/422 (半二重/全二重)の設定が可能
● 半二重送受信自動切り替えに対応
● I2C-シリアル2ポートのコントローラにSC16IS752を採用
● シリアルポートはGPIO40pin間と絶縁(絶縁耐圧2.5kV)

【製品情報URL】

https://www.ratocsystems.com/testweb/products/triple_r/prot/products.php?
id=0790b73de3dac5ed73f0f72f6e62ab1b&no=gp60


ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。
報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報窓口
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る