トップ > 製品情報 > シリアル(RS-232C) > REX-BT60
■Bluetooth RS-232C 変換アダプター REX-BT60

製品仕様

名称 Bluetooth RS-232C 変換アダプター
型番 REX-BT60
インターフェイス RS-232C EIA/TIA-232-F Standards準拠 ※1
Bluetooth Bluetooth version 2.1+EDR Class2
RS-232C トランシーバー EXAR SP3232ECY
Bluetooth Module ROVING NETWORKS RN42-I/RM
Bluetooth プロファイル SPP2.1
Bluetooth 送信周波数 2,402-2,480MHz FHSS/GFSK 79チャンネル - 1MHz間隔
RS-232C 接続コネクター

D-Sub9Pin(オス) x 1

RS-232C 入出力レベル ドライバー ハイレベル出力:+5V(min)/+5.4V(TYP)
ローレベル出力:-5V(min)/-5.4V(TYP)
レシーバー 入力電圧範囲:-15V(min.) 〜 +15V(max.)
RS-232C 通信方式

非同期通信

データビット 8bit固定
パリティビット None / Even / Odd
ストップビット 1 / 2
フロー制御 CTS / RTS
RS-232C 通信速度 1200/2400/4800/9600/19200/28800/38400/
57600/115200/230400 bps
Bluetooth 伝送距離 Class2(10m 程度)
外形寸法 約75.4mm(L)×26.0(W)×16.0(T) [mm](突起部を除く)
重量 重量 約22g(本体のみ)
電源電圧 DC+5V
消費電流 100mA(送受信時:外部電源供給分を含まない)
動作環境 温度:0〜55℃
湿度:20〜80%(ただし結露しないこと)
TELEC 本製品には、技術基準適合証明を受けた特定無線設備
(Microchip 製 RN-42 TELEC No : 201-125709)が収納されています。
Bluetooth SIG 認証済み QD ID:B014867
COM ポート版
サンプルプログラム
(VC++2008)
仮想COM ポートを使用したサンプルプログラムで、通信パラメーター/PIN コード/デバイス名の設定、データの送受信を行う。
WinSock版
サンプルプログラム
(VC++2008)
WindowsSocketAPI を使用したサンプルプログラムで、通信パラメーター/PIN コード/デバイス名の設定、データの送受信を行う。
対応OS Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP(SP3)※32bit/64bit 両対応
Android OS 7.x / 6.x / 5.x / 4.x / 3.2 / 2.3.x
添付品 ・REX-BT60 本体
・電源アダプター(RSO-AC05)
・ソフトウェアCD-ROM
・保証書
パッケージ
  1. ※1. RI ピンは5V電源入出力専用となります。
  • 本製品は国内仕様となっており、海外についての保守およびサポートはおこなっておりません。
  • 記載されている名称・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • 予告なく外観または仕様の一部を変更することがあります。
  • 表示価格に消費税は含まれておりません。
  • "REX"は株式会社リコーが商標権を所有していますが、弊社は使用許諾契約により商標の使用を認められています。

ハードウェア仕様

■DIPスイッチ仕様
ディップスイッチ
番号 動作 出荷時設定
1 設定初期化(工場出荷設定)に使用。  
OFF
2 ONの場合はシリアル通信速度を9600bpsに固定する。 OFF
3 ONの場合はRTS/CTSフロー制御を有効にする。 ON
4 電源アダプターを接続しONした場合は、D-Sub 9番ピンから5V出力する。 OFF

■コネクタピンアサイン
セントロニクス36ピン(オス)D-SUB 9ピンオス
ピン番号 信号名 説明
1 NC   
未接続
2 RxD データ受信
3 TxD データ送信
4 NC 未接続
5 GND グランド
6 NC 未接続
7 RTS データ送信要求
8 CTS データ送信可能
9 5V OUT / IN 5V 入出力専用
※ DCD/DTR/DSR/RI の機能は使用できません。

ページのトップへ戻る