ラトックトップ
法人のお客様サイトマップEnglish
 
トップ > 製品情報 > リムーバブル/HDD/ドライブケース > 内蔵リムーバブルケース > SATA-MDK1/SATA-MDK1B
 
■SATAリムーバブルケース SATA-MDK1/SATA-MDK1B

内蔵用IDEハードディスクを高速大容量リムーバブルHDDに!

内蔵用ハードディスクを高速大容量リムーバブルディスクに
出荷完了
Serial ATA リムーバブルケース(内蔵)
製品型番 標準価格(税別) JANコード
SATA-MDK1(アイボリー) ¥6,400 4949090750012
SATA-MDK1B(ブラック) ¥6,400 4949090750029
REX-Dockマーク
REX-Dockについて
トレイ共通 BigDrive対応
Linux Ready!
【現行品(REX-SATAシリーズ)】
  SATA HDD 用:SA-RC1/SA-RC2シリーズ
  SATA HDD/IDE HDD用:SA-RCIDE-LG/BK

特徴 対応環境 仕様 各部名称 オプション 製品写真 仕様比較 注文画面

関連情報 マニュアル FAQ

製品特徴

● IDEハードディスクがSATAハードディスクに!
● スマート接続・高速転送を実現する新規格SATA
● 大きなデータはハードディスクにどんどん保存
● コストパフォーマンスに優れたIDE HDD 使用
● アイボリーとブラックの2モデル
● こだわりの親切設計
● OSブートができる
● 異なるパソコンでのデータ共有も手軽に実現

IDEハードディスクがSATAハードディスクに!

従来のIDEハードディスクをSATAリムーバブルハードディスクとして使用可能に。
SATA-Dock専用ドライバ不要で、SATA環境があれば接続してすぐに使えます。
SATA-MDK1接続例

スマート接続・高速転送を実現する新規格SATA

SATA-MDK1はパラレル−シリアル変換によるパフォーマンスの低下もなく、IDE ハードディスクの実力をフルに発揮。IDE に比べ取り回しがよく信頼性にも優れているので、複数台ハードディスクを接続してのRAID構築にも最適です。
■SATA接続とIDE接続のベンチマーク

大きなデータはハードディスクにどんどん保存

トレイならどんどん保存パソコン上でビデオ編集やテレビ録画をしていると、ギガバイト単位のハードディスクもあっという間にいっぱいに。

そんなときはビデオテープ感覚でメディアを交換できるリムーバブルHDで、容量を気にせず動画をどんどん保存。内蔵HDのように増設できる数に悩むことも、外付けHDDのように設置スペースと電源の心配をすることもありません。

CDやDVDと比較しても、容量・速度面でのリムーバブルHDの優位さは一目瞭然!面倒なライティングソフトも不要の、手軽で快適なリムーバブル環境を提供します。

トレイの挿入および取り外しは、パソコンの電源を切った状態でおこなう必要があります。 (「FireDockシリーズ」「U2-Dockシリーズ」ではパソコンの電源を入れたままHDの入れ替えが可能)

コストパフォーマンスに優れたIDE内蔵ハードディスク使用

ハードディスクリムーバブルHDは、コストパフォーマンスに優れたIDE仕様の3.5インチ内蔵ハードディスクを使用。パソコン本体ハードディスクの交換等であまったハードディスクなど、従来の資産も有効に活用。
IDE接続で使用してきたハードディスクも、再フォーマット不要でそのまま使用できます。
リムーバブルHDは、内蔵HDの増設にかけていた労力や外付けHDDにかけていた費用を軽減します。

PCカラーに合わせたアイボリーとブラックの2モデル

内蔵タイプのリムーバブルケースは、定番のアイボリーモデルと、ブラックPCケースにマッチするブラックボディの2バリエーション。

ブラックモデルは、スタイリッシュなブラック/アルミ PCケースでもデザインを損なわないリムーバブルケースの導入を可能にします。

オプション品の交換用トレイも、アイボリーとブラックの2タイプをご用意。リムーバブルケース本体に合わせたカラー選択はもちろん、カラー別のトレイ使い分けにも便利です。 トレイ(アイボリー) トレイ(ブラック)


ブラック筐体にぴったり
* PCケース「WiNDy ALTIUM」の
画像は星野金属工業株式会社
にオーソライズされています。

OSブートができる

パソコンからは通常のハードディスクとして認識されるので、SATA-Dockからのシステム起動もOK!

異なる環境が入ったHDを用意すれば、リムーバブルHDを入れかえるだけで使用するアプリケーションやデバイスに合わせた環境に切りかえて起動することが可能です。

※OSブートするにはSATAのホスト側がブートに対応している必要があります。

こだわりの親切設計

こだわりの親切設計
1 大容量・高速HD対応 従来のHDはもちろん、高速回転7200rpmのHDDにも対応。
※137GBを超えるハードディスクを使用する場合には、SATAのホスト側が大容量HDDに対応している必要があります。
2 冷却ファン装備 ドライブの発熱に配慮し、ドック側面に冷却ファンを装備。
3 耐久性に優れたピン型
DINコネクタ採用
UDMA完全互換。他社アンフェノール50ピン採用品と比較し安定した転送を実現します。
4 コンパクトサイズ 奥行き214mmのコンパクト設計。ベイにすっきり納まります。
5 電源供給/切断キー 前面でキーによりドライブへの電源供給と切断を行う方式を採用。電源が入ったままのうっかりトレイ取り外しを防ぎます。
フロントのキーで電源ON/OFF
6 ダストプルーフ設計 トレイを未装着時は、シャッターがドックからのホコリの侵入を防止します。
7 基板プロテクト機構 保護クッションがトレイ背面の基板とドライブとの接触による磨耗から守ります。
8 UltraATA133対応
40ピン80芯ケーブル
ハンドル付きフラットケーブルUDMAの高速転送には不可欠の内蔵HD接続用40ピン80芯ケーブルを標準装備。HD取り外しに便利なハンドル付きフラットケーブル採用。
9 スムーズイジェクト方式 トレイ取り外し用ハンドルを装備。持ち上げるだけでコネクタが外れ、トレイがスムーズに引き出せます。
10 フロントパネル着脱OK 複数トレイの分類に便利なインデックスシール付フロントパネル(オプション)へ交換可能。

充実のラインナップで異なるパソコンでのデータ共有も手軽に実現

WinとMacWindowsパソコンとMac、デスクトップとノートパソコンなど、異なるパソコンでもっと手軽にデータを共有したい!

そんな場合は、REX-Dock。SATAのほかIEEE1394(FireDock)やUSB2.0(U2-Dock)など、豊富なラインナップが用意されているから、パソコン環境に合わせたインターフェイスをチョイス。 ベイがないデスクトップやノートパソコンでは外付けタイプが活躍します。

SATAをもたないパソコンにはIDE-Dockシリーズを併用すれば、ブート環境の共有も可能となります。

※MacOSとWindowsでデータを共有するためには、WindowsのFAT形式でフォーマットしておく必要があります。(NTFS形式はMacでサポートされていません)

copyright RATOC Systems,Inc. お問い合わせ | 本ウェブサイトのご利用にあたって
  このページトップへ