ラトックトップ
法人のお客様サイトマップEnglish
 
トップ > 製品情報 > スマホ家電コントローラー(学習リモコン) > REX-WFIREX1
 
■Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1

外出先からもOK!家電やAV機器のリモコンをスマホにまとめて操作



(PDF:16MB)
紛失防止タグ

Wi-Fi接続学習リモコンユニット
製品型番 価格(税別) JANコード
REX-WFIREX1 OPEN 4949090720657
対応機種 iPhone SE/6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c/5/4s、iPad Air、iPad Air 2、iPad(第4世代/第3世代)、iPad mini、(iOS8.4以降)、Android 4.4以降のスマートフォン・タブレット
製品写真 注文画面

App Store ダウンロードページへ Google play  ダウンロードページへ
Wi-Fi接続学習リモコンユニットをご使用中の
お客様へ重要なお知らせ。

製品特徴

● 家電・AV機器のリモコンをスマホにひとまとめ
● 家のどこからでも操作できる家中(いえなか)モード
● 家の外からも操作できる家外(いえそと)モード
● 部屋の状態がわかる温度・湿度・照度センサー搭載
● 登録済みリモコン(プリセットデータ)を豊富に用意
● 万能学習方式であらゆる赤外線リモコンを学習可能
● WPS対応でWi-Fiルーターにカンタン接続
● マクロ機能でひとつのボタンに複数の操作を登録
● 指定時刻にリモコン信号を送るタイマー機能搭載
● リモコンボタンのウィジェットですばやく操作
● リモコンデータを他のスマホに移行可能
● 水平方向に最大360度届く赤外線

家電・AV機器のリモコンをスマホにひとまとめ

■スマホをリモコンとして使う
アプリのリモコン画面から家電製品やAV機器を操作可能。増え続ける赤外線リモコンを、スマホ1台にまとめてスッキリ。リモコンの電池切れや破損、紛失時の予備としても有効です。

■リモコン信号をWi-Fi→赤外線に変換
本製品は、スマホやタブレットからWi-Fiで送られてきたリモコン信号を赤外線に変換。赤外線を送信することで、家電をコントロールします。

Wi-Fiルーターがない環境では使用できません。
家電製品・AV機器は赤外線リモコンで操作可能な機器に限ります。

■外出時の操作も可能
外出先からクラウドサーバ(利用課金なし)に接続して、自宅の家電を操作することもできます。



※コントロールバーで画面が隠れるときは、マウスを動画の外に移動してください

家のどこからでも操作できる「家中(いえなか)モード」

家中(いえなか)モードは、家の中のWi-Fiが届く範囲で操作ができるモードです。スマホとルーターがWi-Fi接続できていればいいので、赤外線リモコンのように機器の前に移動する必要はなく、どこからでも操作することができます。同じ部屋内だけでなく、たとえば隣の部屋や2階からリビングの家電製品を操作することも可能です。
このモードでは、通常のリモコン操作のほか、指定した時刻に操作をおこなうタイマーの設定や、複数の操作を組み合わせたマクロも使えます。

家中(いえなか)モードでできること
家電製品の操作 家電製品の登録
(プリセット/手動)
温度・湿度・照度
の計測
タイマーの
設定
マクロの
設定・操作
自宅 外出時
Wi-Fiルーターがない環境では使用できません。
本製品の赤外線有効範囲は10mです。


家の外からも操作できる「家外(いえそと)モード」

家外(いえそと)モードでは、クラウドサーバー経由で外出先から操作可能。帰宅前にエアコンや照明をつけて、快適な状態にしておくことができます。
家中/家外のモード切替は、アプリ上で簡単におこなえます。

家外モードにすると、Wi-Fi学習リモコンユニットはWi-Fiルーター経由で常時インターネット上のクラウドサーバーと通信します。クラウドサーバー利用に伴う課金はありません。(通信料はお客様負担となります)
家外(いえそと)モードでできること
家電製品の操作 家電製品の登録
(プリセット/手動)
温度・湿度・照度
の計測
タイマーの
設定
マクロの
設定・操作
自宅 外出時
ホームページで事前予告をおこなったうえ、家外モードの提供を中止する場合があります。
外出先から家外モードへの切り替えはできません。家外モードを使う場合は外出前に切り替えておく必要があります。
クラウドサーバーや通信機器・通信回線の不具合により、操作が正常におこなえない場合に発生した問題については、弊社では保証いたしません。

部屋の状態がわかる温度・湿度・照度センサー搭載

製品本体に「温度・湿度・照度センサー」を搭載。 アプリ画面で部屋の状況を確認することができます。

外出先から自宅の温度や湿度を見た上で、エアコンなどを稼働するかどうかを判断。帰宅前に部屋の状態を快適にしておくほか、在宅中の高齢者やペットの熱中症対策にも活用できます。照度は、照明を切り忘れていないか確認するのに便利です。

家中モードでも、計測したデータの取得が可能。朝、寝室からリビングの温度を確認して、エアコンを最適な温度に設定し直す、といった使い方もできます。

登録済みリモコン(プリセットデータ)を豊富に用意

主なメーカー・機種のリモコンデータを事前に登録済み(プリセット)。アプリ画面にしたがって選択するだけで、すぐに使用できます。

>> プリセット済みリモコン一覧(バージョンアップにより随時追加)

万能学習方式であらゆる赤外線リモコンを学習可能

プリセットされている以外のリモコンは、手動でリモコン信号の登録をおこないます。本製品は、赤外線フォーマットに依存しない「万能学習方式」を採用。日本でよく利用されるNEC/家電協/SONYフォーマットの他、海外メーカーなどの独自フォーマットも学習させることもできます。


登録後、「再学習」でボタンの追加や登録済みリモコン信号の変更が可能。ボタンの名前変更や並べ替えなどもでき、画面を使いやすくカスタマイズすることができます。

WPS対応でWi-Fiルーターにカンタン接続

WPS対応のWi-Fiルーターなら、製品本体とルーターのボタンを押すだけで簡単に接続できます。WPS未対応のWi−Fiルーターは、アプリ画面の手順にそって接続します。
ひとつのWi-Fiルーターに、本製品を複数台接続することも可能。アプリでどの部屋のユニット本体を動作させるか選択してから、リモコン操作をおこないます。

マクロ機能でひとつのボタンに複数の操作を登録

マクロ機能では、ひとつのボタンに複数の操作を登録できます。登録後は、ボタンひとつで一連の操作が完了します。

上記の例では、ボタンをワンタップするだけで、テレビ・レコーダー・スピーカーの電源をつけることができます。操作間の待ち時間(0〜200秒)を設定することで、機器の起動時間を考慮したマクロ作成が可能です。

マクロ作成にプログラミングの知識は不要。操作したいボタンを追加していくだけで、直感的にマクロを組むことができます。

※家外モードではマクロの設定・変更、マクロボタンでの操作はできません。

指定時刻にリモコン信号を送るタイマー機能搭載

家電製品やAV機器にタイマーを設定することができます。学習リモコンユニット本体にタイマー情報が設定され、指定した時刻にリモコン信号を送信。タイマー機能を持たない家電製品やAV機器であっても、本製品を使えばタイマーで作動させることができます。
■家電のグループ登録可能
複数の家電をグループ登録し、タイマー設定することも可能。設定時刻はグループ単位で変更がおこなえます。

■日時・曜日指定の登録が可能
時刻の指定方法には、日時を指定する「1回のみ」と、曜日・時刻を指定する「繰り返し」があります。

■最大28件まで登録が可能

タイマー設定をおこなったスマホ・タブレットと異なる端末から新たなタイマー設定をおこなうと、すべてのタイマー設定が上書きされます。

タイマー情報は日時情報ごとのカウントとなります。例えば繰り返しで平日(月〜金)を選択すると、カウントは5件となります。
家外モードではタイマーの登録はできません。

リモコンボタンのウィジェットですばやく操作

よく使うリモコンボタンのウィジェットを作成し、ショートカットとして使用することができます。

Androidではホーム画面にリモコンボタンのウィジェットを作成します。ホーム画面のボタンをタップするだけで、リモコン信号を送信。アプリを起動する手間なく操作できます。

iOSでは通知センターにリモコンボタンのウィジェットを作成します。他のアプリ使用中でも、通知センターを表示してリモコンボタンのタップが可能。ホーム画面に戻る必要はありません。

リモコンデータを他のスマホに移行可能

登録済みリモコンのデータはエクスポートして、他のスマホやタブレットにインポートすることができます。機種変更の際のデータ移行や、家族のスマホでデータ共有するのに便利です。

iOS端末にインポートをおこなう場合は、パソコン(iTunes)が必要です。

マクロ設定やタイマー設定のエクスポート・インポートはおこなえません。

水平方向に最大360度届く赤外線

赤外線の有効範囲は、水平方向が最大360度、垂直方向が最大180度。有効距離は最大10m。見通しのよい場所に本製品を設置し、広範囲に赤外線を届けることができます。

本体背面には壁掛け用のフック穴を装備。設置スペースがない、赤外線の角度調整が難しい場合に便利です。

copyright RATOC Systems,Inc. お問い合わせ | 本ウェブサイトのご利用にあたって
  このページトップへ