トップ > サポート > FAQ > モデム > REX-USB56

USB 56K DATA/14.4K FAX Modem
REX-USB56(FAQ)2017-06-07版
● ご購入前の質問 ●

Q Windows 10に対応していますか?
  1. OSバージョンによって対応状況が異なります。最新の情報は、Windows 10対応状況のページをご確認ください。
    バージョン情報は、「winver.exe」の実行で確認できます。

    Windows 10では、添付のドライバーを使用します。「Q インストールはどのようにおこないますか?」を参照にインストールしてください。

    >> REX-USB56ドライバーダウンロード

Q Windows 8.1に対応していますか?
  1. 対応しています。データ通信は特に問題ありません。

    Windows 8.1 64bit版では、OS標準FAXソフト「Windows FAXとスキャン」で正常に送受信できませんでしたが、Windows Updateで解消されていることを確認しております。

    OS標準FAXソフト「Windows FAXとスキャン」で正常に動作しない場合は、以下のいずれかの方法でアップデートされているかご確認ください。


    • [コントロールパネル]−[システムとセキュリティ]−[Windows Update](あるいは[設定]−[PC設定]−[保守と管理]−[Windows Update])「更新履歴」の中に、以下の履歴があるかご確認ください。
      Windows 8.1 for x64-Based Systems用更新プログラム(KB3000850)

    • Windows 8.1がインストールされているドライブの[Windows]−[System32]フォルダ内の「FXST30.dll」のファイルバージョンが「6.3.9600.17415」であることをご確認ください。


    アップデートされていない場合は、以下の手順でWindows Updateを実行してください。

    1. [コントロールパネル]−[システムとセキュリティ]−[Windows Update]の"x個のオプションの更新プログラムが利用可能です"を選択する (あるいは[設定]−[PC設定]−[保守と管理]−[Windows Update]の"詳細の表示"を選択する)

    2. 「Windows 8.1 for x64-Based Systems用更新プログラム(KB3000850)」にチェックを入れて、アップデートしてください。


    なお、市販のFAXソフト「MEGASOFT社製STARFAX 15 Ver.15.07以降」でも正常動作することを確認しています。

Q FAXソフトは添付されていますか?
  1. FAXソフトは添付されていません。Windows 10/8.1※1/8 / 7 / Vista※2 / XP / 2000 標準のFAXソフトにて使用可能です。使用方法は「Q FAXを使用したいのですが、OS標準FAXソフトで使用できますか?」を参照してください。

    ※1 Windows 8.1 64bit版ではWindows Updateにて使用可能です。詳細は「Q. Windows 8.1に対応していますか?」を参照してください。
    ※2 Windows Vista はエディションにより異なります。詳細は「Q. FAXを使用したいのですが、「Windows FAX とスキャン」が見つかりません。」を参照してください。
    FAX設定のマニュアルPDFをご用意しています。

Q 接続可能な回線は?
  1. アナログ一般公衆回線、ISDNのアナログポートです。

    本製品はNTT加入回線用のみに設計されています。FAXモデムが使用可能かどうかは、お客様が契約している回線接続業者(OCN、Nifty、BIGLOBEなどのプロバイダ)にお問い合わせください。ADSL回線、光電話回線などでNTT電話回線と同じように使用できるかどうかは、ご使用の回線種別や地域に依存しますので、弊社ではわかりかねます。

    ボタン電話、ビジネスフォン、ホームテレフォン、家庭用キーテレフォン、PBX(構内交換機)では、NTT電話回線と電気的条件が異なり接続できないことがあります。接続する場合は、装置メーカや保守会社にお問い合わせください。

    なお、アナログ携帯電話、デジタル携帯電話、PHS、ビジネスフォン、ISDN、専用線ではご使用いただけません。

Q デジタル回線に対応していますか?
  1. REX-USB56はアナログモデムです。デジタル回線には対応していません 。

Q ISDNで接続可能ですか?
  1. 可能ですが、ISDN回線に直接接続することはできません。ターミナルアダプタのアナログポートに接続してください。
    ただし、+48V給電のないターミナルアダプタではご利用いただけません。 仕様に関してはターミナルアダプタの説明書をご確認いただくか、ターミナルアダプタのメーカ様にお問い合わせください。

Q 光電話で使用できますか?
  1. 使用可能な回線はアナログ一般公衆回線(メタル回線)、ISDNのアナログポートです。
    通常のアナログ一般公衆回線と同じように使用できるかどうかは、ご使用の回線種別や地域に依存しますので、弊社ではわかりかねます。接続する場合は、装置メーカや保守会社にお問い合わせください。

Q K56Flex規格に対応していますか?
  1. K56Flexには対応していません。

    相手モデムが「K56Flex規格のみ対応(V.90/92未対応)」の場合、接続は可能ですが、速度は33.6kbps以下となります。

Q 通信速度は?
  1. 56000(受信のみ) / 48000(受信のみ) / 33600 / 31200 / 28800 / 14400 / 12000 / 9600 / 7200 / 4800 / 2400 / 1200 / 300 bps
    ※環境(回線品質、回線状況)によっては、DCE速度が56Kbpsで接続できない事があります。
    ※接続先が「K56flex」方式もしくは「V.90」「V.92」以外の場合は、33.6Kbps以上の速度で接続できません。
    ※「V.92」で通信するには、プロバイダ側が「V.92」に対応している必要があります。
    ※モデムに通信機器(電話機、Fax)をつけていた場合や、電話線を分岐器で分配した場合は通信速度が遅くなる場合があります。これらをはずして、接続してください。

Q 電話線の接続で分配器を経由して接続できますか?
Q 電話線を分配して接続していますが、問題はありませんか?
  1. 接続は可能です。ただし、回線まわりにノイズなどの影響を与える可能性があるため、分配器を利用しての接続は推奨しておりません。通信が不安定な場合は、分配器を外し、直接モジュラージャックに接続してご確認ください。

Q USB3.0/USB2.0環境でも使用できますか?
  1. 使用できます。

    ただし、Windows 7環境では、Intel社製USB3.0ポートでは正常に動作しないことが確認されています。 Windows 8 / 8.1/10環境では、上記のような問題は確認されておりません。

    なお、Intel社製マザーボードにおいては、Intel社から提供されている最新のUSB3.0ドライバーで現象が回避可能なことも確認しています(確認機種:intel DZ77RE-75K)。 メーカー製パソコン(Intel社製USB3.0ポート搭載)の場合、最新のUSB3.0ドライバーが提供されるかはパソコンメーカーに依存します。詳細は、メーカー各社にお問い合わせください。

    USB3.0ポートで認識しない場合は、USB2.0ポートに接続してご利用ください。パソコンにUSB3.0ポートしかない場合はご使用いただけません。

Q USBハブ経由で使用できますか?
  1. 使用できます。

Q REX-USB56を2個同時に使用可能ですか?
  1. 同時使用には対応していません。

Q G4 FAXに対応していますか?
  1. 対応していません。

Q 電話着信時、パソコンの電源を自動的にONにする機能はありますか?
  1. ありません。

Q 海外で使用可能ですか?
  1. 日本国内向けにローカライズされているため、海外での使用はサポートされていません。

Q Windows Server 2008 / Server 2003に対応していますか?
  1. 対応しておりません。なお、弊社製モデムREX-C56EX-Uにて、USBポートでモデムを使用することが可能です。

Q MacOSに対応していますか?
  1. 対応していません。

Q FAXやバンキング用途で、動作確認しているソフトウェアには何がありますか?
  1. 確認しているソフトウェアの一覧です。


● ご使用に関する質問 ●

Q FAXを使用したいのですが、OS標準FAXソフトで使用できますか?
  1. 使用できます。
    FAX設定のマニュアルPDFをご用意しています。

    <Windows 10の場合>
    基本、下記<Windows Vistaの場合>と画面は同じになります。

    <Windows 8.1の場合>
    Windows 8.1 64bit版では、正常に動作しない場合が確認されています。
    Q Windows 8.1に対応していますか?」をご参照ください。
    基本、下記<Windows Vistaの場合>と画面は同じになります。
    OS標準ドライバーで認識している場合、確認方法の3.のデバイス名は、「Conexant USB CX93010 ACF Modem」となります。

    <Windows 8/7の場合>
    下記<Windows Vistaの場合>と画面は同じになります。
    OS標準ドライバーで認識している場合、確認方法の3.のデバイス名は、「Conexant USB CX93010 ACF Modem」となります。


    <Windows Vistaの場合>
    Windows Vista のBusiness、Ultimate、Enterprise の各エディションに、FAXソフトは含まれています(Home(Basic、Premiumともに)には含まれていません)。付属のFAXソフトの設定など詳細は当社ではわかりかねますので、Microsoft社にお問い合せください。

    確認方法
    1. [スタート]−[すべてのプログラム]から「Windows FAXとスキャン」の画面を開きます。
      ※Windows 10の場合
      [スタート]−[すべてのアプリ]から[Windowsアクセサリ]の[Windows FAXとスキャン]をクリックして開きます。
      ※Windows 8.1/8の場合
      スタート画面で右クリックし、画面右下に表示された[すべてのプログラム]をクリックします。表示されたプログラム一覧から、「Windows FAXとスキャン」の画面を開きます。

    2. 「ツール」から「FAXの設定」を選択します。「FAXの設定」画面が開きます。

    3. デバイス名が「REX-USB56」となっていることを確認します。
        なおOS標準のFAXソフトは、初期値設定で「受信しない」設定になっています。受信も行う場合は、「デバイスでFAX呼び出しを受信できるようにする」にチェックを入れてください。
    追記 ご利用の回線が構内交換機などを利用した「0発信」の場合、送信時FAX番号の前に「0,」が必要となります。ダイヤル情報を選択しても反映されません。

    <Windows XP の場合>
    付属のFAXソフトの設定など詳細は当社ではわかりかねますので、Microsoft社にお問い合せください。

    OS標準でFAXソフトは含まれていますが、インストールされていません。
    インストール
    1. [スタート]−[コントロールパネル]を開き、[プログラムの追加と削除]を開きます。
    2. 「Windowsコンポーネントの追加と削除」を選択します。
    3. 「FAXサービス」にチェックにチェックを入れます。
        ※途中Windows XPのCD-ROMを要求される場合があります。そのときはWindows XP CD-ROMを挿入し「OK」ボタンをクリックします。
    確認方法
    1. 「FAXコンソール」の画面を開きます。
    2. 「ツール」から「FAXプリンタの構成」を選択します。「FAXのプロパティ」画面が開きます。
    3. 「デバイス」タブをクリックします。デバイス名「REX-USB56」が登録されていることを確認します。
        なおOS標準のFAXソフトは、初期値設定で「受信しない」設定になっています。デバイス名「REX-USB56」の受信が「いいえ」と設定されている場合、受信できません。 受信も行う場合は、以下をご確認ください。
       
    1. 「プロパティ」ボタンをクリックします。
    2. 「受信」タブをクリックします。
    3. 「デバイスを受信可能にする」にチェックを入れます。
    4. 「応答モード」「FAX受信時の処理」など設定し「OK」ボタンをクリックします。

    <Windows 2000 の場合>
    付属のFAXソフトの設定など詳細は当社ではわかりかねますので、Microsoft社にお問い合せください。

    確認方法
    1. 「FAXサービスの管理」画面を開きます。
    2. 左ウィンドウの「デバイス」を選択します。右ウィンドウに、デバイス名「REX-USB56」が登録されていることを確認します。
        なおOS標準のFAXソフトは、初期値設定で「受信しない」設定になっています。デバイス名「REX-USB56」の受信が「いいえ」と設定されている場合、受信できません。 受信も行う場合は、以下をご確認ください。
       
    1. 「REX-USB56」をダブルクリックします。
    2. 「受信を可能にする」にチェックを入れます。
    3. 「応答までの呼び出し回数」などを設定し「OK」ボタンをクリックします。

Q スピーカーからのモデム認識音をなくしたいのですが。
  1. 設定方法は、以下の通りです。

    1. デバイスマネージャ画面を開きます。
      Windows Vista [スタート]−[コンピュータ]を開き、コマンドバーから[システムのプロパティ]をクリックし、タスクの[デバイスマネージャ]をクリックします。
      Windows XP [スタート]−[コントロールパネル](−[パフォーマンスとメンテナンス])−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
      Windows 2000 [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
    2. 「モデム」をダブルクリック、表示された「REX-USB56」をダブルクリックします。
    3. 音量を「OFF」に設定します。

    上記変更でも改善されない場合、

    Windows Vista REX-USB56のプロパティ画面の「詳細設定」タブをクリックし、追加の初期化コマンド欄に「ATM0(ゼロ)」と記述します。
       
    Windows XP/2000 REX-USB56のプロパティ画面の「詳細設定」タブをクリックし、追加設定項目に「ATM0(ゼロ)」と記述します。

Q 発信時、ダイヤル音が鳴りません。
  1. REX-USB56本体から音は鳴りません。パソコンのスピーカの音をONにしてください。
    Windows 10 / 8.1 / 8 / 7の場合は、パソコンのスピーカの音をONにしても、ダイヤル音は鳴りません。(Windows 7 64bit環境で添付ドライバーにてインストールした場合のみ音は鳴ります。)

Q 本製品をパソコンに接続しましたが、OHランプとDATAランプが点灯しません。
  1. パソコンに本製品を接続しただけでは各ランプは点灯しません。発信/受信時に点灯・点滅します。発信(ダイヤル)実行時、OHランプが点灯し、その後DATAランプが点滅します。受信時、DATAランプが点滅し、受信後、OHランプが点灯します。

Q 落雷で破損することはありますか?
  1. 近隣で落雷があると、電話線を通じて過電流が流れ、モデムを破損する可能性があります。雷鳴が聞こえた場合はすぐにモデムの使用を中止し、モデムから電話線を外してください。


● トラブルシューティング ●

Q 本製品をUSBポートに接続したのですが、使用できません。
  1. Windows 10 / Vista / XP / 2000 で本製品を使用するには、添付CD-ROMに収録されているドライバソフトウェアをインストールする必要があります。パソコンのUSBポートに接続しただけでは、使用できません。インストール・各種設定作業は、 マニュアル(PDF)を参考におこなってください。(マニュアルPDFは、CD-ROMにも収録されています)

    ※Windows 8.1/8/7の場合、OS標準ドライバーで動作するため、本製品をUSBポートに接続するだけでドライバがインストールされ、使用可能となります。名称は、「Conexant USB CX93010 ACF Modem」と表示されます。ただし、Windows 7の場合、Intel製USB3.0ポートでは正常に動作しないことが確認されています(2012/12現在)。USB2.0ポートに接続してご利用ください。

Q ドライバソフトウェアをインストールしましたが、インターネットに接続できません。
  1. ご契約のプロバイダに指定されている設定はお済みでしょうか?
    本製品はモデムポートを増設するインターフェイスです。インターネットに接続するには、ご契約のプロバイダに指定されている設定が必要です。

    ダイヤルアップ接続のマニュアルPDFをご用意しています。

Q 「ポートが開かれていません」と表示されます。
  1. 通信テストを行ったとき、正常にATコマンドが返答されない場合、以下の設定を行っても同様かご確認ください。
    • 他にソフトウェアが起動している(特にモデム(COMポート)を使用する)場合、そのソフトウェアを終了します。
    • コントロールパネルの「モデム」のプロパティにてREX-USB56以外のモデムが登録されている場合、その他のモデムを削除します。
    • ドライバを削除し、再インストールを行ってください。
    • USBポートを変更してください。
    • パソコン本体のシリアルポートを使用不可(Disable)に設定してください。
      (可能な場合。設定方法はパソコンのマニュアルを参照してください。)

Q 使用している回線(トーン回線(プッシュホン回線)とパルス回線(ダイヤル回線))の確認・設定方法がわかりません。
  1. 【トーン回線・パルス回線の確認方法】

    お客様ご使用の回線が「トーン」か「パルス」かについては、お使いの電話回線に電話機を接続して「117」などにダイヤルしてみてください。受話器から「ピポパ」という電子音がするときはトーン(プッシュ)回線、「カチカチ」という機械音がするときはパルス(ダイヤル)回線です。不明な場合は、最寄の電話局にお問い合わせください。

    【トーン回線・パルス回線の設定方法】

    <Windows 10/8.1/8/7の場合>
    1. Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 7)を参照にします。
    2. [編集]ボタンをクリックします。
    3. ダイヤル方法を確認します。(「トーン」あるいは「パルス」にチェックを入れます)
    4. 確認後、各画面を閉じます。

    <Windows Vistaの場合>
    1. [スタート]−[コントロールパネル](−[ハードウェアとサウンド])−[電話とモデムのオプション]を開きます。
    2. [編集]ボタンをクリックします。
    3. ダイヤル方法を確認します。(「トーン」あるいは「パルス」にチェックを入れます)
    4. 確認後、各画面を閉じます。

    <Windows XPの場合>
    1. [スタート]−[コントロールパネル](−[プリンタとその他のハードウェア])−[電話とモデムのオプション]を開きます。
    2. [編集]ボタンをクリックします。
    3. ダイヤル方法を確認します。(「トーン」あるいは「パルス」にチェックを入れます)
    4. 確認後、各画面を閉じます。

    <Windows 2000の場合>
    1. [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[電話とモデムのオプション]を開きます。
    2. [編集]ボタンをクリックします。
    3. ダイヤル方法を確認します。(「トーン」あるいは「パルス」にチェックを入れます)
    4. 確認後、各画面を閉じます。

Q 「発信音が聞こえない」と表示され、接続できません。
  1. 以下の点を設定して改善されるかご確認ください。
    なおドライバのアンインストール・再インストールをおこなっても改善されないか併せてご確認ください。

    1)

    1. デバイスマネージャ画面を開きます。
      Windows 10/8.1/8 Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、 「Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8)を参照します。
      Windows 7/Vista [スタート]−[コンピュータ]を開き、コマンドバーから[システムのプロパティ]をクリックし、タスクの[デバイスマネージャ]をクリックします。
      Windows XP [スタート]−[コントロールパネル](−[パフォーマンスとメンテナンス])−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
      Windows 2000 [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
    2. 「モデム」をダブルクリック、表示された「REX-USB56」をダブルクリックします。
      (Windows 8.1 / 8 / 7の場合、「Conexant USB CX93010 ACF Modem」と表示される場合もあります。)
    3. REX-USB56のプロパティ画面の「モデム」タブをクリックし、「発信音を待ってからダイヤルする」のチェックを外します。

    上記変更でも改善されない場合、
    Windows 10/8.1/8/7/Vista REX-USB56(あるいは Conexant USB CX93010 ACF Modem)のプロパティ画面の「詳細設定」タブをクリックし、追加の初期化コマンド欄に「ATX3」と記述します
       
    Windows XP/2000 REX-UBS56 のプロパティ画面の「詳細設定」タブをクリックし、追加設定項目に「ATX3」と記述します

    2) PBX(構内交換機)等を使用している場合
    1. 電話とモデムのオプション画面を開きます。
      Windows 10/8.1/8/7 Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8)、「Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?」(Windows 7) を参照にします。
      Windows Vista [スタート]−[コントロールパネル](−[ハードウェアとサウンド])−[電話とモデムのオプション]を開きます。
      Windows XP [スタート]−[コントロールパネル](−[プリンタとその他のハードウェア])−[電話とモデムのオプション]を開きます。
      Windows 2000 [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[電話とモデムのオプション]を開きます。
    2. [編集]ボタンをクリックします。
    3. 市内、市外に「0,(ゼロコンマ)」(あるいは「0(ゼロ)」)を追加してください。

    接続するソフトウェア(例えばダイヤルアップ接続など)の設定にてモデムのプロパティを開き、上記 1) と同様の設定を行ってください。 また以前に他のモデムなどで、既に接続する設定を行っている場合、新規に作成しても同様かご確認ください。

Q ダイヤルアップネットワークの接続方法がわかりません。
  1. 以下の手順は手動で設定する場合の方法を示しています。まずダイヤル先・IDやパスワードなどに関しては、接続先のプロバイダにご確認ください。自動セットアップCD-ROMなどがプロバイダから提供されている場合は、その指示に従ってください。

    ダイヤルアップ接続のマニュアルPDFをご用意しています。

    <Windows 10/8.1/8の場合>
    1. Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、「Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8) を参照にします。([ネットワークとインターネット])−[インターネットオプション]を選択します。
    2. プロパティ画面の「接続」タブをクリックします。
    3. [追加]ボタンをクリックします。「インターネットへの接続」画面が表示されます。
    4. 接続方法が確認されます。[ダイヤルアップ]をクリックします。
    5. 「ダイヤルアップの電話番号」「ユーザID」「パスワード」は接続するプロバイダに確認して入力し、「接続名」は任意で入力します。

    <Windows 7/Vistaの場合>
    1. [スタート]−[コントロールパネル](−[ネットワークとインターネット])−[インターネットオプション]を選択します。
    2. プロパティ画面の「接続」タブをクリックします。
    3. [追加]ボタンをクリックします。「インターネットへの接続」画面が表示されます。
    4. 接続方法が確認されます。[ダイヤルアップ]をクリックします。
    5. 「ダイヤルアップの電話番号」「ユーザID」「パスワード」は接続するプロバイダに確認して入力し、「接続名」は任意で入力します。

    <Windows XP の場合>
    1. [スタート]−[コントロールパネル](−[ネットワークとインターネット接続])−[インターネットオプション]を選択します。
    2. プロパティ画面の「接続」タブをクリックします。
    3. [追加]ボタンをクリックします。
    4. 「新しい接続ウィザード」画面が表示されます。“プライベートネットワークにダイヤルアップする”を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
    5. 「電話番号」に接続先の電話番号を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
    6. 任意の名前を入力し、[完了]ボタンをクリックします。
    7. 「xxxの設定(xxxは入力した名称)」画面が表示されます。「ユーザ名」「パスワード」「ドメイン」は接続するプロバイダに確認して入力し、[OK]ボタンをクリックします。

    <Windows 2000 の場合>
    1. [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[インターネットオプション]を選択します。
    2. プロパティ画面の「接続」タブをクリックします。
    3. [追加]ボタンをクリックします。
    4. 「新しい接続ウィザード」画面が表示されます。“プライベートネットワークにダイヤルアップする”を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
    5. 「電話番号」に接続先の電話番号を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
    6. 任意の名前を入力し、[完了]ボタンをクリックします。
    7. 「xxxの設定(xxxは入力した名称)」画面が表示されます。「ユーザ名」「パスワード」「ドメイン」は接続するプロバイダに確認して入力し、[OK]ボタンをクリックします。

Q パルス接続ですが、発信できません。
  1. パルス設定になっているか、「Q 使用している回線(トーン回線(プッシュホン回線)とパルス回線(ダイヤル回線))の確認・設定方法がわかりません。」を参考にまずご確認ください。

    その上で以下の設定をご確認ください。
    1. インターネットのプロパティを開きます。
      Windows 10/8.1/8 Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、「Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8)を参照にします。([ネットワークとインターネット])−[インターネットオプション]を選択します。
      Windows 7/Vista [スタート]−[コントロールパネル]−([ネットワークとインターネット]−)[インターネットオプション]を選択します。
      Windows XP [スタート]−[コントロールパネル]−([ネットワークとインターネット接続]−)[インターネットオプション]を選択します。
      Windows 2000 [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[インターネットオプション]を選択します。
    2. プロパティ画面の「接続」タブをクリックします。
    3. 「ダイヤルアップと仮想プライベートネットワークの設定」から設定する名称を選択し、[設定]をクリックします。
    4. 「xxxの設定(xxxは選択した名称)」画面が表示されます。
    5. [プロパティ]をクリックします。
    6. 「xxxプロパティ(xxxは選択した名称)」画面が表示されます。
    7. 「ダイヤル情報を使う」にチェックを入れてください。
    8. 「市外局番」を入力し、[OK]ボタンをクリックして画面を閉じます。

    接続可能かご確認ください。

Q [電話とモデムのオプション]を開こうとすると、「電話とモデムのコントロールパネルを開けません。テレフォニーサービスの開始に問題がある場合があります。」というメッセージが表示され開くことができません。
  1. [Telephony]サービスが開始されていない可能性があります。以下の手順にて開始させてください。

    1. [スタート]ボタン−[コントロールパネル](−[パフォーマンスとメンテナンス])−[管理ツール]をクリックします。
    2. [サービス]をダブルクリックし開きます。
    3. 画面左側の一覧から[Telephony]をダブルクリックし開きます。
    4. 「Telephonyのプロパティ」画面が表示されます。
    5. 「全般」タブをクリックし”スタートアップの種類”の右側[∨]ボタンをクリックし、プルダウンメニューの一覧から[手動]を選択し[適用]ボタンをクリックします。
    6. [開始]ボタンをクリックし処理が完了するまで待ちます。元の画面に戻りましたら、[OK]ボタンをクリックし画面を閉じます。
    7. すべての画面を閉じ、[電話とモデムのオプション]画面が正常に表示されるか確認してください。

Q モデムが自動着信しませんハイパーターミナルで確認するとRINGは表示されており、手動での着信はできます。
  1. ひかり回線やADSL回線、CATV回線などでは、そのアダプタの仕様 (アナログポートの仕様)により、自動受信できない場合があります。詳細は、アダプタメーカなどにお問い合わせください。またモデムの工場出荷時の設定は自動着信が有効になっていません。モデム初期化コマンドに「ATS0=<リング回数>」を設定してください。

Q FAXの送信はできますが、受信ができません。
Q FAXの受信はできますが、送信ができません。
  1. FAXソフト側の設定をご確認ください。
    送信が可能で、受信ができない場合、FAXソフト側で「受信する」設定に、
    受信が可能で、送信ができない場合、FAXソフト側で「送信する」設定に
    なっていない可能性があります。変更してください。

    それでも同様の場合は、以下の確認をお願いします。
    • REX-USB56本体を、他のUSBポートに接続する。
    • ドライバの削除をおこない、再インストールする。
      (⇒インストール手順は、マニュアル(PDF)をご参照ください)
      (ドライバは<<最新版>>をインストールしてください)

Q エー・アイ・ソフト「Easy Fax Pro 7」で”同期ずれのため、送受信できません”と表示され、使用できません。
  1. 本製品は、エー・アイ・ソフト「Easy Fax Pro 7」に対応しておりません。

Q USBポートに接続してもLEDが点灯しません。
  1. USBポートに接続するだけ、ドライバのインストールを行っただけでは点灯しません。OHランプは、実際に接続を開始するときに点灯します。DATAランプは、データ送受信時に点滅します。

Q 接続時にモデムが応答しない、あるいはモデムに障害が発生したとなります。
Q USBポートに接続しましたが、セットアップガイド記載の最初の画面が表示されません。

  1. 正常に認識しているか確認します。
    1. REX-USB56をパソコンのUSBポートに接続した状態で、デバイスマネージャを開きます。

      Windows 10/8.1/8 Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 10)、 「Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8.1)、「Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?」(Windows 8)を参照にします。
      Windows 7/Vista [スタート]−[コンピュータ]を開き、コマンドバーから[システムのプロパティ]をクリックし、タスクの[デバイスマネージャ]をクリックします。
      Windows XP [スタート]−[コントロールパネル](−[パフォーマンスとメンテナンス])−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。
      Windows 2000 [スタート]−[設定]−[コントロールパネル]−[システム]を開きます。「ハードウェア」をクリックし、[デバイスマネージャ]ボタンをクリックします。

    2. 「モデム」をダブルクリックし、「REX-USB56」がエラーなく表示されているか確認します。

      「REX-USB56」が 表示されている場合
        「REX-USB56」をダブルクリックします。REX-USB56のプロパティ画面の「診断」タブをクリックし、「モデムの照会」ボタンをクリックします。 エラーが表示されないことを確認します。確認後、再度通信を行ってください。
      「Conexant USB CX93010 ACF Modem」が表示されている場合
        Windows 10 / 8.1 / 8 / 7の場合、OS標準ドライバーでインストールされると、上記名称となります。Windows 8.1 / 8 /7の場合、このまま使用して問題ありません。 Windows 10ではデータ通信(ダイヤルアップ接続)する場合、添付のドライバー(CD-ROMの場合Rev.1.8以降)をインストールしないと利用できません。「Q インストールはどのようにおこないますか?」を参照にインストールしてください。
      「?USB Modem」が表示されている場合
        再度ドライバのインストールをお願いします。

      <再インストール手順>(Windows Vistaの場合)
      1. 製品添付のCD-ROMをパソコンのCDドライブに挿入します。
      2. 「?USB Modem」をダブルクリックします。
      3. 【ドライバの再インストール】ボタンをクリックします。
      4. 「ドライバソフトウェアの更新 - USB Modem」画面が表示されます。
      5. ”コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します。” をクリックします。
      6. 【参照】ボタンをクリックします。
      7. 「フォルダの参照」画面が表示されます。
      8. 「コンピュータ」「DVD RW ドライブ USB56」「Driver」の各左側の凾クリックします。「Vista32」をクリックし、【OK】ボタンをク リックします。
      9. 【次へ】ボタンをクリックします。
      10. 「Windows セキュリティ」画面が表示されます。”このドライバソフトウェアをインストールします”をクリックします。
      11. ドライバがコピーされます。【閉じる】ボタンをクリックします。
      12. 「REX-USB56のプロパティ」画面に戻ります。【閉じる】ボタンをクリックします。
      13. 「デバイスマネージャ」画面に「モデム」−「REX-USB56」が表示されていることを確認します。
      「!REX-USB56」が表示されている場合
        一旦削除し、REX-USB56の抜き挿しを行っても同様かご確認ください。
      上記表示が一切ない場合
        REX-USB56を一旦抜き、異なるUSBポートに接続しご確認ください。
      「Unknown Device」が表示されている場合
       

      USB3.0ポートに接続している場合は、USB2.0ポートに接続してご確認ください。
      Windows 7では、Intel製USB3.0ポートで正常に動作しないことが確認されています(2012年12月現在)。


Q 「回線がビジー」「回線は使用中」とエラーが表示されます。
  1. 以下の原因が考えられます。

    1. 接続先電話番号が間違っている場合
      設定が誤っていないか「Q 所在地の編集画面の入力内容について教えてください。」を参照にご確認ください。
      また「Q ダイヤルアップネットワークの接続方法がわかりません。」を参照に、接続先電話番号の入力に間違いがないかご確認ください。

    2. ご利用電話回線種別が異なっている場合
      Q 使用している回線(トーン回線(プッシュホン回線)とパルス回線(ダイヤル回線))の確認・設定方法がわかりません。」を参照に、回線種別を正しく設定してください。使用されている回線がパルス回線(ダイヤル回線)の場合、「Q パルス接続ですが、発信できません。」を参照に設定してください。

Q 設定してから、パソコン起動時にダイヤルアップ接続の画面が表示されるようになりました。
  1. モデムが勝手に発信設定することはありません。パソコン 起動時の設定(スタートアップや常駐ソフトなど)に、ネットワークへ接続する設定が含まれている可能性があります。ご確認ください。

Q 設定の変更をしていないのに、使用できなくなりました。
  1. 以下の設定をおこなっても同様か、ご確認ください。


    設定後、接続の際に以下を確認してください。

    • パソコンのスピーカをONにしている場合、接続音が聞こえるか(一部環境のみ)。
    • 接続時、REX-USB56本体のLED(OHランプ)が点灯するか。

    これらが動作しない場合は、REX-USB56本体の故障の可能性が考えられます。お手数ですが、サポートセンターまでお問い合わせください。
Q  Office 2010/2007の文書(WordやExcel)を、Windows 7 / Vistaの「Windows FAXとスキャン」を利用してFAX送信すると、送信できません。(例:相手方に真っ白になって届くなど)
  1. Microsoft社のサポートページ「Word 文書または Excel ブックには、Windows vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の fax デバイスを印刷すると、生成される .tif ファイルを開くことができません」 から入手可能な修正プログラムを適用することにより、現象が回避可能なことを確認しています。

    修正プログラムの詳細に関しては、弊社では分かりかねますので、Microsoft社にお問い合わせください。
Q  所在地の編集画面の入力内容について教えてください。
  1. 主な入力内容は以下の通りです。

    国/地域 日本
    市外局番 お客様が使用になる場所の局番(プロバイダにより指定がある場合はその指示に従ってください)
    ダイヤル情報 <外線発信番号>
    入力は不要(空欄)
    (交換機などを利用している場合、その機器にあわせ、外線発信に必要な番号を入力してください)
    <識別番号>
    入力は不要(空欄)
    ダイヤル方法 お客様がご契約の電話回線を選択



● Windows 10の質問 ●

Q インストールはどのようにおこないますか?
  1. 起動したパソコンのUSBポートに接続すると、OS標準ドライバーが自動的にインストールされます。 ドライバーのインストールをおこなう場合、製品をUSBポートに接続した状態で、添付のCD-ROM(Rev.1.8以降)を起動し、[インストール]をクリックします。 あるいは、ドライバーをダウンロード(Link)し、表示された画面(REX-USB56ドライバインストール)の[インストール]をクリックします。詳細は、マニュアル(PDF)を参考におこなってください。

Q 添付のCD-ROMを使用してドライバをインストールする必要はありますか?
  1. OSバージョンによって、添付のドライバー(CD-ROMの場合Rev.1.8以降)をインストールしないと利用できない場合があります。最新の情報は、Windows 10対応状況のページをご確認ください。

    バージョン情報は、「winver.exe」の実行で確認できます。

Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?
    1. 画面左下のスタートアイコンを右クリックします。
    2. 右クリックメニューから、[デバイスマネージャー]をクリックします。

Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?
    1. 画面左下のスタートアイコンを左クリックします。
    2. 表示された画面内の[Windows システムツール]内の[コントロールパネル]をクリックします。

Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?
    1. Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」を参照します。
    2. 画面右上の「表示方法」の"カテゴリ"をクリックし、"大きいアイコン" をクリックします。

    3. 表示された[電話とモデム]アイコンをダブルクリックします。

Q ダイヤルアップ接続を設定しました。どこから接続しますか?
    1. 画面右下のネットワークアイコンを左クリックします。
    2. [ダイヤルアップ接続](ダイヤルアップ接続作成時につけた名前)をクリックします。
    3. 設定画面(ネットワークとインターネット)が表示されます。
    4. 右ウィンドウの[ダイヤルアップ接続]をクリックします。
    5. 表示された[接続]をクリックします。
    6. 接続する画面が表示されますので、[ダイヤル]をクリックします。


● Windows 8.1の質問 ●

Q インストールはどのようにおこないますか?
  1. 起動したパソコンのUSBポートに接続すると、OS標準ドライバーが自動的にインストールされます。

Q 添付のCD-ROMを使用してドライバをインストールする必要はありますか?
  1. 基本インストールする必要はありません。 ただし、添付のドライバー(CD-ROMの場合Rev.1.8以降)をインストールしても利用可能です。

Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?
    1. 画面左下のスタートアイコンを右クリックします。
    2. 右クリックメニューから、[デバイスマネージャー]をクリックします。

Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?
    1. 画面左下のスタートアイコンを右クリックします。
    2. 右クリックメニューから、[コントロールパネル]をクリックします。

Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?
    1. Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」を参照します。
    2. 画面右上の「表示方法」の”カテゴリ”をクリックし、”大きいアイコン” をクリックします。
    3. 表示された[電話とモデム]アイコンをダブルクリックします。

● Windows 8の質問 ●

Q パッケージには「Windows 8対応」とありますが、説明書には記載がありません。対応しているのですか?
  1. 対応しています。Windows 8の場合、画面はほぼWindows 7と同じになります。
    ただし、各画面の開き方などが異なります。以下はそれぞれの画面の開き方の一部です。

Q インストールはどのようにおこないますか?
  1. 起動したパソコンのUSBポートに接続すると、OS標準ドライバーが自動的にインストールされます。ただしWindows 7のように、右下にポップ表示されるのではなく、デスクトップ右上に一瞬表示されます。
Q 添付のCD-ROMを使用してドライバをインストールする必要はありますか?
  1. 基本インストールする必要はありません。 ただし、添付のドライバー(CD-ROMの場合Rev.1.8以降)をインストールしても利用可能です。
Q [デバイスマネージャー]の画面はどこから開きますか?
    1. スタート画面から[デスクトップ]をクリックします。
    2. マウスを画面左下に移動するとスタートアイコンが表示されます。

    3. 表示されたスタートアイコンを右クリックします。

    4. 右クリックメニューから、[デバイスマネージャー]をクリックします。
Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?
    1. スタート画面から[デスクトップ]をクリックします。
    2. マウスを画面左下に移動するとスタートアイコンが表示されます。
    3. 表示されたスタートアイコンを右クリックします。
    4. 右クリックメニューから、[コントロールパネル]をクリックします。
Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?
    1. Q [コントロールパネル]の画面はどこから開きますか?」を参照します。
    2. 画面右上の「表示方法」の”カテゴリ”をクリックし、”大きいアイコン” をクリックします。

    3. 表示された[電話とモデム]アイコンをダブルクリックします。



● Windows 7の質問 ●

Q パッケージには「Windows 7対応」とありますが、説明書には記載がありません。対応しているのですか?
  1. 対応しています。Windows 7の場合、画面はほぼWindows Vistaと同じになります。
    ただし、以下の点が異なります。

Q インストールはどのようにおこないますか?
  1. 起動したパソコンのUSBポートに接続すると、OS標準ドライバが自動的にインストールされます。

Q 添付のCD-ROMを使用してドライバをインストールする必要はありますか?
  1. 基本インストールする必要はありません。 ただし、添付のドライバー(CD-ROMの場合Rev.1.8以降)をインストールしても利用可能です。
Q 説明書には[電話とモデムのオプション]にて設定するとありますが、[電話とモデムのオプション]画面が開けません。
Q [電話とモデム]の画面はどこから開きますか?

    1. [コントロールパネル]を開きます。
    2. 画面右上の「表示方法」の”カテゴリ”をクリックし、”大きいアイコン” をクリックします。
    3. 表示された[電話とモデム]アイコンをダブルクリックします。


Q Windows 7 標準のFAXソフト[Windows FAXとスキャン]で、「このメディアは書き込み禁止のため送信できません」が表示され、FAX送信できません。
  1. [Windows FAXとスキャン]の機能を、いったん無効化してから有効化し、FAX送信ができるかご確認ください。

    【手順】
    1. [コントロールパネル]−[プログラムのアンインストール(プログラムと機能)]を開きます。
    2. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
    3. 一覧内の「印刷とドキュメントサービス」−「Windows FAXとスキャン」のチェックを外し、[OK]をクリックします。
    4. パソコンを再起動します。
    5. 起動後、1.〜3.の操作をおこない、「Windows FAXとスキャン」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

Q Windows 7 XP Mode で使用可能ですか?
  1. 使用できません。


● Windows Vistaの質問 ●

Q ハイパーターミナルがありませんが、どのように追加するのですか?
  1. Windows Vistaには、ターミナルソフトは含まれていません。

Q FAXを使用したいのですが、「Windows FAX とスキャン」が見つかりません。
  1. ご使用のWindows Vistaのエディションは何でしょうか。FAXソフトは、Windows VistaのBusiness、Ultimate、Enterpriseの各エディションに含まれています。Home(Basic、Premiumともに)には含まれていません。

    【エディションの確認方法】
    エディションは、システムのプロパティ画面にて確認可能です。
    1. [スタート]−[コンピュータ]を開きます。
    2. メニューバーの[システムのプロパティ]をクリックします。
    3. システムのプロパティ画面が表示されます。

    ”Windows Edition”の下に記載のある「Windows Vista」の後ろにエディションの記載があります。
    ← Home
    ← Ultimate

Q 所在地の編集画面の入力内容について教えてください。
  1. 主な入力内容は以下の通りです。
    国/地域 日本
    市外局番 お客様が使用になる場所の局番(プロバイダにより指定がある場合はその指示に従ってください)
    ダイヤル情報 <外線発信番号>
    入力は不要(空欄)
    (交換機などを利用している場合、その機器にあわせ、外線発信に必要な番号を入力してください)
    <識別番号>
    入力は不要(空欄)
    ダイヤル方法 お客様がご契約の電話回線を選択

● Windows 2000の質問 ●

Q 接続しても、DTE速度(115,200bps)が表示されますが、DCE速度を表示させるためにどうすればよいでしょうか?
  1. Windows 2000では、OS側の仕様によりDTE速度が表示されます。この現象は、「ServicePack1」以上にアップすることにより回避できることを確認しています。

Q ハイパーターミナルがありませんが、どのように追加するのですか?
  1. 追加方法は、以下の通りです。
    1. 「スタート」−「設定」−「コントロールパネル」を開きます。
    2. 「アプリケーションの追加と削除」アイコンをダブルクリックし、「Windowsファイル」タブをクリックします。
    3. 「通信」をダブルクリックします。
    4. 「ハイパーターミナル」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。


● 技術的内容について ●

Q ATコマンドが知りたいのですが?
  1. ATコマンド・Sレジスタ・リザルトコード一覧表を用意しています。ご参照ください。

● 保守サポートに関して ●

Q サポートおよび修理の窓口について教えてください。
  1. 電話でのお問い合わせはラトックシステムサポートセンター
    TEL 大阪 06-6633-0190 東京 03-5207-6410(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
    をご利用ください。

    E-MAIL、FAXでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
    ・E-MAIL:サポートセンター宛メール
    ・FAX:06-6633-3553

    修理依頼
    修理受付と窓口のご案内

    ※修理およびサポートの提供期間について
    出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、サポートの提供を終了させていただいております。詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。

Q 海外でのサポートは?
  1. 本製品は、日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートはおこなっておりません。
Q ユーザーズマニュアルを紛失したので入手したいのですが?
  1. 弊社ホームページにてマニュアルのPDFファイルを公開しております。
ページのトップへ戻る