トップ > ニュースリリース > シリアル有線通信を無線通信に置き換えできるBluetooth RS-232C 変換アダプター

■新製品■
有線RS-232Cケーブルを無線通信に置き換えできる
Bluetooth RS-232C 変換アダプター ケーブルリプレイスメントセットを発売

2016年7月22日


ラトックシステム株式会社は、Bluetoothで接続しRS-232Cデバイスを制御することのできる Bluetooth RS-232C変換アダプター ケーブルリプレイスメントセット「REX-BT60CR」を本日より出荷開始します。

REX-BT60CR
拡大
製品名 製品型番 標準価格
出荷予定 製品情報
Bluetooth RS-232C変換アダプター
ケーブルリプレイスメントセット
REX-BT60CR ¥48,000(税別)
¥51,840(税込)
2016年7月22旬 製品情報 >>

REX-BT60CRは、Bluetooth RS-232C変換アダプターである「REX-BT60」をベースに、新たにSPPマスター(SPP:シリアルポートプロファイル)として動作するメス型REX-BT60(マスター側)を設計。 DTE機能を持つPLCやデータロガー等の機器へ直結することが可能です。 これにより、DTE機器と電子天秤等のDCE機器をRS-232C接続でシリアル通信している環境の無線化を実現できます。



導入は非常にシンプルで簡単。 現在使用しているRS-232Cケーブルを取り外し、DTE機器へメス型REX-BT60(マスター側)を接続、DCE機器へオス型REX-BT60(スレーブ側)へ接続して、双方のREX-BT60へ電源を供給するだけで接続が完了します。 ドライバのインストールや設定等が一切必要なくシステムの変更なしにRS-232C接続の無線化を手軽に行えることが特徴です。


また販売開始にあたり、「OEM/受託開発のご案内」と「RATOC e2e Store Blog」に活用事例や製品の解説をWebサイトにて公開しております。

【OEM/受託開発のご案内】活用事例
http://www.ratocsystems.com/company/oem/bt60.html

【RATOC e2e Store Blog】製品解説
http://www.ratoc-e2estore.com/blog/2016/07/bt60cr-01


■REX-BT60CR (Bluetooth RS-232C 変換アダプターケーブルリプレイスメントセット)

【特徴】
● 有線接続のRS-232C機器を無線でカンタンに接続
● ペアリング設定済みですぐに使える
● 3通りの電源の供給方法で、用途に応じて変更が可能
● 通信状態がよくわかる通信モニターLED
● モード切替、シリアル通信パラメーターの変更、ペアリング先変更などを設定する専用アプリケーションを提供
● 有害6物質不使用

【REX-BT60CR 設定変更ツール 対応環境】

RS-232Cポートを搭載したWindows PC(Windows 10、Windows 8.1、Windows 7)
* 32ビット/64ビット両対応
* REX-BT60CR 設定変更ツール用のパソコンになります。



【対応デバイス】

対応デバイス(DTE側)
RS-232Cポート搭載のデータロガー、PLC、PC等
* メス型コネクタ付きマスター側を接続する対象になります。

対応デバイス(DCE側)
バックアップ電源、磁気カードリーダー、シリアルプリンター、電子天秤など、RS-232Cポート搭載の機器
* オス型コネクタ付きスレーブ側を接続する対象になります



【製品情報URL】

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/bt60cr.html

ここに掲載されている内容は、報道発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様・価格の変更等)されている場合があります。

報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室
https://web1.ratocsystems.com/mail/press.html
   
一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンター
https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html

ページのトップへ戻る