トップ > 製品情報 > シリアル(RS-232C) > REX-ET60
■Ethernet to RS-232C コンバーター REX-ET60

RS-232C機器をEthernet接続で制御

USBポートにシリアル(RS-232C)機器を接続!
Ethernet to RS-232C コンバーター REX-ET60
製品型番 価格(税別) JANコード
REX-ET60 ¥26,000 4949090600324
対応OS(Win) 10/8.1/8/7/Vista/XP
※32ビット/64ビット両対応
※WindowsXPはSP3以降
有害6物質不使用 製品写真 注文画面

特徴


RS-232C機器をEthernet経由で制御・管理

REX-ET60はRS-232C搭載の機器(計測器、レシート/ジャーナルプリンターなど)を接続し、Ethernet上のパソコンから制御・管理できるEthernet シリアル変換アダプターです。 

REX-USB60MI接続図

構築済みのネットワーク環境に組み込んで使用可能

REX-ET60は、既存ネットワークにそのまま組み込み REX-ET60 ConfigTool を起動すれば、自動的に検索を開始。 その場でセッティングが可能です。
本製品を入れ替えや増設する場合でも、導入が容易に行えます。

◆ REX-ET60 設定手順
  • 1. REX-ET60をネットワークに接続し、電源を入れる。
  • 2. REX-ET60 ConfigTool をインストールし、ネットワーク設定とシリアル通信設定を行う。
  • 3. RATOC VSP をインストールし、REX-ET60を仮想COMポートに割り当てる。
  • 4. REX-ET60をRS-232C機器と接続し通信を開始する。

REX-ET60接続手順

※本機を導入する際は、ネットワーク管理者の指示に従って導入してください。

離れた場所にあるデジタル測定器などを管理

ネットワーク経由で制御するため、遠隔操作が可能。 また、ネットワーク上にある複数のパソコンから、複数のRS-232C機器を管理・制御することが可能です。

 PLCやマシニングセンターなどFA機器にも対応

REX-ET60をRS-232C機器接続するだけで、工場内ネットワーク環境へシリアル機器を簡単に組み込むことができます。 たとえば、工場内ネットワークにREX-ET60を組み込み、ネットワークポートを持たないPLCへラダーの伝送や制御をおこなったり、マシニングセンターのRS-232Cポートへ本機を接続し、遠隔での制御・管理をおこなう事が可能です。

D-Sub 9ピン(オス)コネクタコネクタはD-Sub 9ピン(オス)を採用。別途市販の変換コネクタを使用すれば、D-Sub 25ピンの機器も接続できます。

 Ethernet設定および、通信設定ユーティリティが付属

付属のオリジナルドライバー、およびユーティリティにより、仮想的にCOM(RS-232C)ポート接続として認識させることができます。パソコンのIRQリソースは占有せず、仮想COMポートを作成。 COMポート番号の変更は、RATOC VSPで可能です。

RATOC VSPで
ポートを簡単作成

 RS-232C通信サンプルプログラム添付

REX-ET60のアプリケーション開発を支援する通信サンプルプログラム(Windows VC++2008)が添付。
(本サンプルプログラムは、REX-ET60専用です)
また、COMポート用に設計されたソフトウェアも、書き換えなしにそのまま使用できます。※

※16bitアプリケーションやI/Oポートを直接制御しているアプリケーションはご使用になれません。

 35mmDINレールに取り付け可能

DINレール取り付け図 REX-ET60には2種類のネジ穴を設けています。 汎用のDINレール固定金具を取り付けることで、簡単にレールへ設置が可能。 また、制御板に直接ネジ止めすることも可能です。


有害6物質不使用

REX-ET60は、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの有害6物質を使用していない、環境と人にやさしい製品です。

>> ラトックシステム有害化学物質制限の取り組み
ページのトップへ戻る