ラトックトップ
法人のお客様サイトマップEnglish
 
トップ > サポート > FAQ > リムーバブルケース > SA-DK5ES
 

eSATA リムーバブルケース(外付け5ベイ)
SA-DK5ES(FAQ)2009-09-30 版

● よくある質問 ●


Q SA-DK5ESに搭載したハードディスクドライブから、Windows XP/2000のOSを起動できますか?
  1. できません。 装着したハードディスクへのOSインストールもできません。
Q パソコン起動時、REX-PE30SのBIOS画面で15秒程度待たされます。
  1. パソコン起動時、SA-DK5ESの最上段にハードディスクが装着されていないと発生します。
    SA-DK5ESの電源をOFFにして起動するか、HDD1(最上段)のスロットにハードディスクを装着した状態で起動してください。
Q REX-PE30SのBIOS画面に、HDD2からHDD5のハードディスクの情報が表示されません。
  1. HDD1のハードディスク情報だけが表示される仕様となっています。

Q 添付のボード(REX-PE30S)以外に、使用できるSATAホストインターフェイスはありますか?
  1. JMicron製SATAコントローラチップJMB360 にて、5台のハードディスクに読み書きできることを確認しています。
    専用のHotPlug Driverにて取り外しおよび再認識できることを確認していますが、弊社サポート対象外とさせていただきます。
Q ノートパソコンで使用できますか?
  1. ExpressCardスロットを搭載したノートパソコンでは、eSATA ExpressCard REX-EX30S により5台のHDDを使用することができます。(ホットプラグツールも使用可能)
    ポートマルチプライヤに対応していない CardBus PCカード REX-CB15S に接続した場合、使用できるHDDはHDD1(最上段)のみとなります。(HDD2〜HDD5は使用できません)

Q SA-DK5ES-PEを2セット使用できますか?
  1. パソコンのPCI Expressスロット(x1,x4,x16) の空きが2つあれば、eSATAボード REX-PE30Sを2枚装着し、2台のSA-DK5ESをそれぞれのeSATAポートに接続して使用することができます。(推奨)

    PCI Expressスロットの空きがない場合は、内蔵コネクタを外付け用コネクタに変換するケーブル(別売:RCL-SAES-03B)でREX-PE30S の内部SATAをeSATAにして、1枚のREX-PE30Sに2台のSA-DK5ESを接続することができます。

Q 2テラバイト(2TB=約2000GB)以上のHDDとして使用できますか?
  1. SA-DK5ES-PEの製品仕様による容量制限はありません。使用するオペレーティングシステム(OS)に依存します。Windows XPx64およびWindows Server 2003 のGPTディスクでは、2テラバイトを超えるボリュームがサポートされています。

    詳しくは、Microsoft社のホームページ(ディスクとファイルの管理機能)を 参照ください。

Q Linuxで使用できますか?
  1. 現在のところ、FedoraCore8ではポートマルチプライヤーがサポートされて いませんので、HDD1のみの使用となります。

Q MacOS Xへの対応は?
  1. 使用可能です。
    弊社製eSATAホストインターフェイス REX-PE30S / REX-EX30S / REX-PCI15PM / REX-CB15PM 経由にて動作確認を行っております。 対応OSは MaxOS X-10.4.x以降です。


● トラブルシューティング ●

Q ハードディスクを認識しません。
  1. 以下をご確認ください。

    • 本体前面のキースイッチをONにしていますか?
      付属キーが縦に挿入できる場合は、ONになっていません。キーを差し込んで時計回りに回転し、ONにしてください。(トレイ通電ランプが点灯していることをご確認ください)

    • 他のハードディスクは認識されますか?
      特定のHDDのみが認識しない場合は、HDDがフォーマットされていない可能性があります。HDDの初期化作業をおこなってください。

    • ハードディスクをパソコンに直接接続した場合、正常に認識しますか?
      上記すべてを確認してもなお認識されない場合は、パソコンのSATAコネクタとHDDを直接接続(SA-DK5ESを経由しない)して、認識されるかどうかご確認ください。認識する場合はSA-DK5ES不良の可能性がありますので、サポートセンターまでお問い合わせください。


Q 新しいディスクが、正しく認識されません。

  1. WindowsXP 以前のOSの制限として、SATA/eSATA接続・USB接続に関わらず、2.0TBを超えるディスクを扱うことができません。(MBR形式のパーティションテーブルの制限)

    総容量が2.0TBを超えたサイズを正しく扱うためには、以下の作業が必要です。

    1. パソコンとの接続は、SATA/eSATA接続にする
    2. OSをWindows Vista以降にする
    3. ディスク初期化時のフォーマットをGPT形式 (2.0TB以上を扱う新しいフォーマット) にする

Q Western Digitalのハードディスク(WD2500JS / WD2500KS)を認識しません。
  1. Western Digital WD2500JS (WD Caviar SE) および WD2500KS (WD Caviar SE16) の一部のSATA HDDをSA-DK5ESのHDD1(最上段)に装着すると、正常に認識されない場合があります。HDD2〜HDD5(2段目以降)に装着してご使用ください。

Q ホットプラグツールでHDDの取り外しをおこなうと、いったんマイコンピュータからドライブアイコンは消えるのですが、すぐに再マウントされてしまいます。
  1. 温度監視ユーティリティが常駐していると、ソフトウェアがディスクを検索するタイミングでHDは再マウントされます。温度監視ユーティリティを終了してから、ホットプラグツールで取り外しをおこなってください。(温度監視ユーティリティによる再マウントの回避方法については、現在検討中です。)
Q ホットプラグツールがHDDを認識しません。
  1. デバイスマネージャのディスクドライブの中に、取り外しをおこないたいSATA HDD の型番が表示されているかを確認してください。HDD 型番の表示がなく「ディスクドライブ」として認識されている場合は、 「ディスクドライブ」を右クリックで削除し、システムを再起動します。デバイスマネージャのディスクドライブの中に、SATA HDD の型番が表示されたら、ホットプラグツールでHDDが認識されているかを確認してください。
Q Windows VistaでソフトウェアRAIDを構築しようとしましたが、ディスクの管理でダイナミックディスクへの変換が選択できません。
  1. Windows Vista HOME Basicでは、ダイナミックディスクへの変換は選択できません。

    [スタート]から[コンピュータ]を右クリックして[管理]を選択し、[記憶域]−[ディスクの管理]でディスク0を右クリックしてください。プロパティとヘルプのみ選択でき、ダイナミックディスクが選択できなければ、インストールされているOSではストライプHDD等のソフトウェアRAIDがサポートされていません。


● 保守サポートに関して (共通)●


Q サポートおよび修理の窓口について教えてください。
  1. 電話でのお問い合わせはラトックシステムサポートセンター
    TEL 大阪 06-6633-0190 東京 03-5207-6410(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
    をご利用ください。

    E-MAIL、FAXでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
    ・E-MAIL:サポートセンター宛メール
    ・FAX:06-6633-3553

    修理依頼
    修理受付と窓口のご案内

    ※修理およびサポートの提供期間について
    出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、サポートの提供を終了させていただいております。詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。

Q 年間保守契約等の保守オプションはありますか?
  1. ありません。

Q 海外でのサポートはありますか?
  1. 本製品は、日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートはおこなっておりません。

Q ユーザーズマニュアル、鍵等を紛失したので入手したい。
  1. マニュアルに関しましては、弊社ホームページにてマニュアルのPDFファイルを公開しております。
    鍵(ロックキー)は、ラトックダイレクト(TEL 03-5207-5028 http://rps.ratocsystems.com/)にて販売しております。

Q ケーブルなどのオプション品は、どこで購入できますか?
  1. ラトックダイレクト(TEL 03-5207-5028 http://rps.ratocsystems.com/)で取り扱っています。
    (マニュアル等に掲載しているオプション品は、販売を完了していることがあります。あらかじめご了承ください。)
copyright RATOC Systems,Inc. お問い合わせ | 本ウェブサイトのご利用にあたって
  このページトップへ