トップ > 製品情報> リムーバブル/HDD/ドライブケース > HDD専用ケース > RS-EC22-U31R
■USB3.2 Gen2 RAIDケース(2.5インチHDD/SSD 2台用・10Gbps対応) RS-EC22-U31R

SSDを2台収納!実測850MB/s超高速USB3.2(Gen2)対応RAIDケース

USB3.0/2.0 RAIDケース
2020年8月下旬出荷開始
USB3.2 Gen2 RAIDケース(2.5インチHDD/SSD 2台用・10Gbps対応)
製品型番 価格(税別) JANコード
RS-EC22-U31R ¥12,400 4949090751989
対応OS(Win) Windows 10
※32ビット/64ビット両対応
対応OS(Win) macOS 10.12(Sierra) 以降
製品写真
ご購入はこちら
楽天 amazon Yahoo!

製品特徴

2.5インチHDD/SSD 2台用RAIDケース

本製品は、2.5インチSATA HDDまたはSSDを2台組み込み可能。HDDは12.5mm厚まで対応しています。

※HDD、SSDなどのディスクは添付していません。

RAID0(ストライピング)で850MB/s超を実現

USB3.2 Gen2(10Gbps)の性能を存分に発揮する超高速RAIDケース。
SATA-3(6Gbps)/UAS(USB Attached SCSI)プロトコルにも対応し、実測850MB/secを超える高速転送が可能です。
※パフォーマンスを最大限に発揮するには、インターフェイスがUSB3.2 Gen2に対応している必要があります。

■測定環境■
【M/B】ASUS X99-A【CPU】Intel Core i7-5930K (3.5GHz)【RAM】16GB 【OS】Windows 10 Home 64bit【SSD】Samsung 860 PRO 【Interface】REX-PEU31-AC 【速度測定ソフト】CrystalDiskMark7.0.0(キュー数:8、スレッド数:1、テストデータ:ランダム、テスト回数:5回)

RAID1(ミラーリング)など4つのモードを装備

動作モードは、RAID1(ミラーリング)/RAID0(ストライピング)/JBOD(スパンニング)/SINGLEの4つを備えています。本体背面のDIPスイッチと動作モードSETボタンで設定します。
RAID1(ミラーリング)でディスクをまるごとバックアップ。もしもの時も安心!
 
2台のディスクへ、同時に書き込みをおこない、保存と同時にバックアップを作成します。

ディスク故障時は、ランプにておしらせ。電源をOFFすることなく、すばやく正常ディスクに交換できます。ディスク交換後は自動的にリビルドが開始。PC電源をOFFにしても、リビルドは継続されます。


■高速化にこだわる ■容量の異なるディスクを活用 ■ディスクを別々に認識
2台の同容量ディスクを、
1台の高速・大容量ディスクに。
2台のディスクをまとめて、
1台の大容量ディスクに。
2台のディスクを異なる
ドライブとして使用。


2本の10Gbps対応USBケーブル(Type-A/Type-C)添付

添付ケーブルはUSB Type-Cポートと、従来のUSB Type-Aポートに接続するケーブルを各1本添付。接続する環境に合わせて2種類のケーブルから選べます。 本体背面には、利便性の高いType-Cポートを採用しています。
USB Type-C用ケーブル USB Type-A用ケーブル 本体ポート
USB-Cポート搭載
MacBookに最適
従来のUSBポートで使用可能 (Type-C)

取り付け、セットアップが簡単

本体前面のフタを取り外し、HDDマウントユニットにHDDを取り付け。

本体でRAID設定をしたあとは、通常の外付けHDDと同様にフォーマットをおこないます。


コンパクトで省スペース

幅8.1cm、奥行き13.5cm、高さ5.5cmのコンパクトな筐体。省スペースで、ノートパソコンのそばにおいても邪魔になりません。

しっかり放熱アルミボディ

熱伝導性、冷却性能に優れたアルミボディと通気性に配慮した設計で、高速回転HDDもしっかり放熱。

ファンレス、静音設計

冷却FAN非搭載の静音仕様。回転音のないSSDを装着すれば、HDD使用時よりさらに静音化が可能。

省電力で消費電力を低減

2.5インチHDD/SSDで省電力に
  ノートPC向けに設計されている2.5インチHDDは、3.5インチHDDと比べ省電力設計です。本製品は、通常のRAIDハードディスクと比べ、消費電力を大幅に削減することができます。
 
スリープ対応
  パソコンがスリープ・休止状態または電源OFFの場合、HDDはスピンダウンして消費電力を低減します。

ページのトップへ戻る