トップ > ダウンロード > ソフトウェアダウンロード > エコ製品(REX-eco) > Wi-Fi ワットチェッカー for Windows

Wi-Fi ワットチェッカー for Windows
 
ソフト名: Wi-Fi ワットチェッカー
バージョン: Ver.1.0.25.19
登 録 名: WFWATCHSetup-0102519.exe
対応機種: RS-WFWATTCH1
対応OS: Windows 11, Windows 10 (Anniversary Update以降 ), Windows 8.1
※32ビット版・ 64ビット版両対応 .NET Framework 4.8以上要
掲載月日: 2022年4月21日
著作権者: RATOC Systems Inc.
ダウンロード
◇ 対象製品:
  本プログラムはRS-WFWATTCH1をご使用頂いているユーザに対して提供されるものです。
上記製品ユーザ以外のお客様は使用できません。
◇ 動作要件:
 
  • パソコンがWi-Fiに対応していること(Wi-Fiアダプタは新規登録時のみ必須)
  • パソコンがワットチェッカーと同一のネットワークにつながれていること(登録後は有線通信も可能)
スマホ(iOS/Android)用アプリにある、AWSクラウド経由のデータ取得や制御はできません
◇ Wi-Fi ワットチェッカーの機能:
  本ソフトウェアは、Wi-Fiワットチェッカー(RS-WFWATTCH1)で計測したデータを取得して画面上に表示します。

  • 電気製品の今の消費電力を簡単計測
  • ソフトから電源の ON/OFF操作が可能
  • 消費電力や消費電力量など 5種類のデータを計測
  • 1時間単位で2ヶ月以上の消費電力量を本体に保存
  • 電力消費を継続して計測できるリアルタイム計測機能を搭載
  • 測定データを CSVファイルに書き出し可能
◇ アプリについて:
  <Windows版の主な機能>
  • 同一ネットワークであれば 、 Wi-Fiを使わず有線 LANからの利用も可能
  • 複数台のWi-Fiワットチェッカーをまとめて管理できる
  • ソフトから遠隔で 電源のON/OFF操作ができ 、 複数台の一括切替にも対応
  • リアルタイム 、計測データをグラフで自由自在に確認 、 CSV出力も可能
  • 1時間グラフのデータを自動でバックグラウンド取得する機能を標準搭載
  • 指定した期間の計測データを抜き出し確認できる画面も追加

<メイン画面>
左側のデバイス欄でWi-Fiワットチェッカーを選択した後、右側の制御画面タブ・グラフタブで Wi-Fiワットチェッカーの情報を閲覧・操作します。


<グラフ表示>
メイン画面の [グラフ ]タブをクリックすると 、選択されている Wi-Fiワットチェッカーの グラフを表示します。CSVファイルに計測結果(計測日 、時間、消費電力、電圧、電流)の保存も可能です。
◇ 変更履歴
  <Ver.1.0.25.19>

【機能追加】
  • 同一ネットワークであれば有線でも通信できるよう対応(Wi-Fiアダプタは新規登録時のみ必須)
  • 指定された期間のグラフと累計値を表示できる画面を追加
  • デバイスの右クリックメニューからデバイスリストを上下に移動(並び替え)できる機能を追加
  • デバイス一覧と制御画面の幅を調整できる機能を追加
  • 登録されている全デバイスの1時間グラフをバックグラウンドで自動更新
  • 終了時にウィンドウサイズやデバイス一覧のチェックボックス選択状態を記憶
  • デバイス一覧に家外モードの有効・無効表示を追加(表示のみ)

【不具合修正】
  • 同一ネットワークで検索されない問題を修正
  • 計測データの取得抜けが発生していた問題を修正
  • 1日/1ヶ月グラフの最新のデータが更新され無かった問題を修正
  • 電流値やCO2排出量の表示・計算が間違っていた問題を修正

<Ver.1.0.22>
  • 初回リリースバージョン

◇ インストール方法

  自己解凍形式となっていますので、ダウンロードしたファイルをHDD上で実行致しますと、インストーラが起動します。 使い方の詳細は、ダウンロードに含まれるPDFマニュアルをご確認ください。

ソフトウェアダウンロード >>
ページのトップへ戻る