トップ > 製品情報 > 特集 > こだわりの切替器を選ぶ > マルチディスプレイ環境でも切り替え

こだわりの切替器を選ぶ

[7] マルチディスプレイ環境でも切り替え。

基本:マルチとシングルディスプレイの混合

メインで使用するパソコン(PC1)はマルチディスプレイ必須だけど、サブPC(PC2)はシングルディスプレイでいい。そんな場合は、通常の切替器の接続に、PC直結ディスプレイを1台プラスすればOKです。

2台のディスプレイのうち、PC直結ディスプレイには常にPC1の画面が表示されます。これをPC1のプライマリに指定しておくと、以下のような運用が可能です。
  1. いつもは切替器でPC2を選択してPC1とPC2の両画面を表示させておき、PC1で2画面が必要になったらPC1に切り替え。
  2. いつもは切替器でPC1を選択し、両方のディスプレイにPC1の画面を表示。PC2で作業が必要なときだけ、PC2に切り替え。切替後もPC1のメイン画面を見ることができます。

応用:PC2台ともマルチディスプレイ (REX-230U/REX-230UDAのみ対応)

2台のパソコンで、両方ともマルチディスプレイが必要な場合、切替器を2台使用してデュアルディスプレイを切り替え。ホットキーにより、2台のディスプレイを同時に切り替えできます。ディスプレイの解像度は異なっていてもOK。アナログディスプレイ用切替器REX-230UとDVIディスプレイ用切替器REX-230UDAの混在も可能で、多様な組み合わせに対応できます。
<対応可能な切替器>
以下のUSB接続モデル2機種
REX-230UREX-230UDA
※上記以外の切替器は対応していません

<使用上のご注意>
  • 切替器1と切替器2の選択PCを、切替器本体のボタンで同一にしてから、ホットキーでの切替をおこなってください。
  • 切替器1と切替器2で選択のズレが発生した場合は、切替器本体ボタンでの切替をおこなってください。

ページのトップへ戻る