トップ > 製品情報 > リムーバブル/HDD/ドライブケース > REX-SATA 3/SATA M > SAM-RC1-BK/LG
■SATAリムーバブルケース・メモリ液晶付・内蔵タイプ SAM-RC1-BK/LG

HDDタイトルと空き容量が常にわかる!メモリ液晶付SATAリムーバブルケース

4TB HDD対応状況
内蔵用ハードディスクを高速大容量リムーバブルディスクに
SATAリムーバブルケース・メモリ液晶付・内蔵タイプ
製品型番 価格
(税別)
JANコード
出荷完了
SAM-RC1-BK
ブラック ¥8,400 4949090751125
在庫限り
SAM-RC1-LG
ライトグレー ¥8,400 4949090751132
対応OS(Win) 10/8.1/8/7/Vista/XP
※32ビット/64ビット両対応
製品写真 注文画面

製品特徴

高速6Gbps/3Gbps転送対応SATAリムーバブルケース

本製品は、メモリ液晶付トレイと、メモリ液晶の表示内容更新に対応した、SATA接続リムーバブルケース本体のセットです。SATA 6Gbps/3Gbps転送、およびNCQ(Native Command Queuing)に対応しています。

※メモリ液晶表示更新用として、マザーボード上のUSBコネクタと接続する必要があります。
※6Gbps/3Gbps転送、NCQなどSATA機能を使用するためには、その機能に対応した環境(HDD、インターフェイス、ドライバなど)が必要です。
※6Gbpsで動作させるには、弊社製6Gbps対応SATAケーブル「RCL-SATA6-06」をご使用ください。

メモリ液晶でデータ内容と空き容量が一目瞭然!

REX-SATA Mシリーズのトレイは、フロント部にメモリ液晶を搭載。トレイを本体から取り外していても、液晶に内容を表示し続けているので、ハードディスクの管理に便利です。メモリ液晶にはタイトルのほか、HDDの空き容量やハードディスクの型番、画像などを表示することができます。


液晶表示マネージャーで表示内容管理&温度監視(Windows 8.1以前のみ)

■メモリ液晶の表示内容をカスタマイズ(全角で最大24文字)
文字列表示(拡大)
メモリ液晶に表示されるイメージをプレビューしながら、簡単操作で内容を編集することができます。1行あたり全角6文字(半角で12文字)のテキストを、最大4行まで入力可能。空き容量やドライブ名の自動更新に対応し、リアルタイムな情報を表示させることができます。
主な機能 説明
メモリ液晶デバイスの表示 弊社製メモリ液晶デバイスの情報を表示します。複数台接続している場合は、表示されているデバイスから選択して、編集をおこないます。
表示項目の選択および入力 液晶に表示する項目を、行ごとに指定します。タイトルなどの文字を入力したり、ドライブ名やボリューム名、HDD型番、日時、ユーザー名、S.M.A.R.T値を取得して表示することができます。
液晶表示の回転 液晶表示の回転角(左右90度、180度)を指定します。液晶表示の回転角に合わせて、プレビューイメージを回転することもできます。
白黒反転 液晶の白黒を反転して表示します。(通常:白地に黒文字、反転:黒字に白文字)
HDD健康状態表示 S.M.A.R.T情報から得られるHDDの健康状態を、正常、注意、危険の三段階で液晶に表示します。
OS起動時に常駐 OS起動時に液晶表示マネージャーを実行し、常駐することができます。HDDの空き容量などメモリ液晶に表示される情報を自動更新したり、S.M.A.R.T温度監視による警告機能を活用する場合は、常駐する設定にしておきます。
※ご使用のHDDがアクセスLED信号に対応していない場合、液晶表示マネージャーで検出できないため、メモリ液晶の更新ができません。

■ビットマップ画像の表示が可能(96×96ドット)
最新の液晶表示マネージャーでは、指定したビットマップ画像(96×96ドット)を、メモリ液晶に表示する機能が追加。全面に表示するほか、表示領域に「上半分」を指定することで、下2行に文字列表示の内容を反映することができます。(「下半分」では上2行に文字列を表示できます)
>> 液晶表示マネージャー(最新版)のダウンロード
>> ビットマップのサンプルデータをダウンロード

ビットマップ表示(拡大)
■QRコードの指定も可能(全角で最大397文字)
QRコードで最大397文字の情報を埋め込むことが可能。QRコードリーダで読み取ったり、液晶表示マネージャー上で復元することができます。本製品には、読み取り精度が改善される低反射フィルムを添付しています。
※携帯電話に搭載したQRコードリーダを使用する場合は、最大167文字を推奨。

QRコード設定(拡大)
■HDDの温度上昇を警告
S.M.A.R.Tコマンド対応のHDDから、内部温度情報を読み出して監視します。一定の温度以上になると、パソコンの画面上に警告メッセージを表示することが可能です。本ソフトウェア上の温度情報は、自動で更新されます。
  S.M.A.R.T情報表示(拡大)

ホットプラグでパソコン電源オンのままトレイ交換

ホットプラグ対応のSATAインターフェイスと組み合わせれば、パソコンのケースを開けたりシャットダウンをすることなく、ハードディスクを入れ替えることができます。

※ホットプラグ対応については、各マザーボードおよびSATAインターフェイスメーカーにお問い合わせください。
※ホットプラグの確認は、弊社製REX-PE6SREX-PE30SREX-PCI15SREX-PCI15PMでおこなっています。

HDDへのアクセスがわかるLED搭載

ディスクへのアクセス状況を、ケース前面のLEDで視覚的に確認可能。ディスク交換時も安心です。

※ご使用のHDDがアクセスLED信号に対応していない場合、アクセスLEDは常時点灯または常時消灯となります。弊社製REX-SATAシリーズ(旧シリーズ)用トレイを装着した場合、アクセスLEDは常時点灯となります。

HDD交換を安全におこなえるトレイ式

REX-SATA Mシリーズは、内蔵用SATAディスクをトレイに格納して、ディスクの交換をおこないます。繰り返し抜き挿しすることを想定し、ドック本体とトレイには挿抜可能回数500回以上の耐久性に優れたコネクタを装備。内蔵ディスクを直接抜き挿しする方式に比べて、HDDコネクタ部の破損リスクが少なく、安全性の高い運用が可能です。

トレイ用コネクタガード添付

トレイ保管や持ち運びの際は、コネクタガードを装着。衝撃やホコリから守ります。

3.5インチ/2.5インチ両対応

本製品には、3.5インチHDD用および2.5インチHDD/SSD用が取り付け可能。いずれも専用アタッチメント不要で、装着できます。

アルミボディとエアフロー構造でHDDの温度上昇を抑制

ハードディスクの底面をアルミ筐体と接触することで、ハードディスクの熱を伝導させて放熱し、HDD温度を低く保ちます。また、エアフロー構造により、背面FANが効率よく内部の換気をおこない、放熱性を高めます。

外付けHDDとしても使用可能(別売ケース利用)

ベイがないノートパソコンでは、別途REX-SATA MシリーズのUSB3.0/USB2.0リムーバブルケースやトレイ接続キットを導入して、外付けHDDとして使用可能です。

外付けに対応可能な
リムーバブルケース(抜粋)
※eSATAリムーバブルケース(SA-DK1AESSA-DK1AEU)の本体に挿入して、eSATA接続で使用することもできますが、メモリ液晶の表示を更新することはできません。

※上記以外のREX-SATAシリーズでも、ディスクアクセスは可能ですが、メモリ液晶の表示を更新することはできません。

※REX-SATA 3シリーズでも、以下の本体ではメモリ液晶の更新が可能です。SA3-DK1-U3SA3-IFK-U3SA-IFK-U3SA-IFK-U3X
USB3.0
リムーバブルケース
(メモリ液晶付)
SAM-DK1-U3
USB3.0
トレイ接続キット
SA-IFK-U3X


トレイをかしこく整理、安全に保管(別売オプション利用)

オプションには、長年リムーバブルケースの開発をおこなってきたラトックならではの便利なアイテムが揃っています。 トレイをスタックできるクリアスタンドは、増え続けるトレイをかしこく整理するのに最適。災害への備えとして、気密性・耐久性に優れたハードケース(通販サイト専売)も取りそろえています。
クリアスタンドで
トレイをスタック
>> 詳細
ハードケースでトレイを守る
>> 詳細
ページのトップへ戻る