トップ > ユーザの皆様へ > REX-PCI51アップデートのご案内

REX-PCI51ユーザの皆様へ アップデートのご案内

2002年7月25日
ラトックシステム株式会社

平素は、弊社製PCカードアダプタ REX-PCI51をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
さて、REX-PCI51サポートソフトウェアをバージョンアップ致しましたので、ご案内申し上げます。お待ちいただいたユーザ様に、ご迷惑、ご不便をおかけ致しましたこと、深くお詫び申し上げます。

以下の説明をよくお読みの上、ダウンロード、およびアップデートを行ってください。
なお、現在ご使用のPCカードが正常動作している場合、本アップデートの必要はございません。そのままご使用くださいますよう、お願い申し上げます。

アップデート対象機種

REX-PCI51(16bit PC Card Adapter PCI Board)




アップデート対応OS
Windows 98SE
Windows Me
Windows 2000

ご注意
Windows 98(98SEを除く)は、アップデート対象外となっております。アップデートされる場合は、EEPROM書き換え後、Windows98SE以降にバージョンアップしていただく必要があります。
Windows XPでご使用の場合、OS標準ドライバで正常動作しますので、アップデートの必要はありません。既にWinrouteをインストールされた方は、削除方法をご確認ください。



アップデート内容
  • メモリスティック、およびSDカードに対応しました。(別途各種メモリカード用アダプタPCカードが必要です)
  • 動作電源が3.3V/5V両用のPCカードに対応しました。
  • 一部のマザーボードで、パソコンが起動しなくなる、もしくはPCカードを挿入してからパソコンを起動すると、PCカードを認識しなくなる不具合を解消しました。

    ご注意
      現在ご使用のPCカードが正常動作している場合、本アップデートの必要はございませんので、そのままご使用ください。本アップデートにより、現在正常動作しているPCカードが動作しなくなる可能性があります。動作確認済みPCカード(REX-PCI51-V)に掲載されているPCカードのみのサポートとさせていただきますので、ご了承ください。



ダウンロード方法/アップデート方法
アップデート用ソフトウェアは、ユーザ登録後ユーザ様専用ページよりダウンロードいただけます。 オンラインユーザ登録がお済みでない方は、お手数ですがオンラインユーザ登録サイトにてご登録願います。

▼提供するアップデート用ソフトウェア
  • ドライバ削除と最新版ドライバ(Winroute)インストールプログラム(wr10918.exe)
    −Windows 98 SE/Me/2000/XP 用

  • REX-PCI51ファームウェア(EEPROM)書き換えプログラム(romwrite.exe)
    −Windows 98 SE/Me用


ダウンロードしたファイルは圧縮されております。任意の場所で解凍した後、アップデート作業を行ってください。


注意事項をあらかじめご了承いただいた上で、アップデート作業を行ってください。

注意事項
本作業を行うことにより、REX-PCI51で動作確認済みであったPCカードや実際に動作していたPCカードが使用いただけなくなる恐れがあります。現在ご使用のPCカードが正常動作している場合、本アップデートの必要はございませんので、そのままご使用ください。
本作業を行う前に必ず弊社ホームページの動作確認リスト「REX-PCI51-V 確認済みPCカード」をご参照いただき、ご使用のPCカードが確認済みかどうかをご確認ください。
動作確認リストに掲載されていないPCカードはサポート対象外となります。
PCカードが認識しない、動作しない、認識しなくなった、動作しなくなった等の一切のご質問は受け付けかねます。
本作業を行うと元のバージョンには戻せません。これについてのご質問等には一切応じかねます。
本作業中のEEPROM書き換えを行った場合、Windows98SE以降の対応となり、Windows98ではご使用いただけなくなります。

アップデート方法はOSのバージョンによって異なります。
ご使用のOSバージョンをご確認の上、手順に従い作業をおこなってください。

Windows98 | Windows98 SE | WindowsMe | Windows 2000 | Windows XP

Windows 98 (Windows98 SE 除く)
  アップデートはWindows98には対応いたしておりません。
EEPROM書き換えを行った場合、Windows98 SE 以降の対応となります。

本製品をWindows98でご使用の場合は、アップデートをおこなわないでください。
アップデートをされる場合は、Windows98 SE 以降へOSをバージョンアップしてからおこなってください。

Windows 98 SE
 
  1. ドライバ削除

    REX-PCI51ドライバ削除手順〜Windows 98 / Windows98SE 編〜(PDF 116KB)を参照ください。

  2. EEPROM書き換え

    (1) REX-PCI51を取り付けた状態でパソコンを起動します。
    (2) アイコン[スタートボタン]−[プログラム]の「MS-DOSプロンプト」を起動します。
    (3) MS-DOSプロンプトウィンドウでソフトウェアの解凍先ディレクトリまで移動し(ディレクトリの移動コマンド ⇒ cd ディレクトリ名[Enter] )、以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    eeprom /u pci51.dat
    (4) ファームウェアのアップデートが行われますので、終了しましたらMS-DOSプロンプトウィンドウを閉じてください。
    (5) Windowsを終了し、パソコンの電源を切った後にREX-PCI51を取り外します。

  3. 最新ドライバ(WinRoute)インストール

    (1) REX-PCI51-Vを取り外した状態でパソコンを起動し、Setup.exeを実行してください。 アイコン
    (2) 指示に従いインストールができましたら、Windowsを終了します。
    (3) パソコンの電源が電源を切った後にREX-PCI51-Vを取り付け、パソコンを起動します。
    (4) インストール画面が現れる場合は、「適切なドライバを自動的に検索する」を選択しインストールを完了してください。

Windows Me
 
  1. ドライバ削除

    以前のドライバがインストールされている場合のみ本作業を行ってください。
    [コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]に「Winroute」が表示されている場合はインストールされていますので、以下の作業が必要です。

    (1) Setup.exeを起動します。 アイコン
    (2) 指示に従い、完了いたしましたら削除完了です。
       


  2. EEPROM書き換え

    (1) REX-PCI51を取り付けた状態でパソコンを起動します。
    (2) アイコン[スタートボタン]−[プログラム]の「MS-DOSプロンプト」を起動します。
    (3) MS-DOSプロンプトウィンドウでソフトウェアの解凍先ディレクトリまで移動し(ディレクトリの移動コマンド ⇒ cd ディレクトリ名[Enter] )、以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    eeprom /u pci51.dat
    (4) ファームウェアのアップデートが行われますので、終了しましたらMS-DOSプロンプトウィンドウを閉じてください。
    (5) Windowsを終了し、パソコンの電源を切った後にREX-PCI51を取り外します。

  3. 最新ドライバ(WinRoute)インストール

    (1) REX-PCI51-Vを取り外した状態でパソコンを起動し、Setup.exeを実行してください。 アイコン
    (2) 指示に従いインストールができましたら、Windowsを終了します。
    (3) パソコンの電源が電源を切った後にREX-PCI51-Vを取り付け、パソコンを起動します。
    (4) インストール画面が現れる場合は、「適切なドライバを自動的に検索する」を選択しインストールを完了してください。

Windows 2000
 
  1. ドライバ削除

    以前のドライバがインストールされている場合のみ本作業を行ってください。
    [コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]に「Winroute」が表示されている場合はインストールされていますので、以下の作業が必要です。

    (1) Setup.exeを起動します。 アイコン
    (2) 指示に従い、完了いたしましたら削除完了です。
       

  2. 最新ドライバ(WinRoute)インストール

    (1) REX-PCI51-Vを取り外した状態でパソコンを起動し、Setup.exeを実行してください。
    (2) 指示に従いインストールができましたら、Windowsを終了します。
    (3) パソコンの電源が電源を切った後にREX-PCI51-Vを取り付け、パソコンを起動します。
    (4) インストール画面が現れる場合は、「適切なドライバを自動的に検索する」を選択しインストールを完了してください。

Windows XP
  OS標準ドライバがインストールされている場合は、以下の作業は必要ありません。

[コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]を確認し、「Winroute」が表示されている場合は弊社が提供するドライバがインストールされていますので、以下の作業が必要です。

  1. ドライバ削除

    以前のドライバがインストールされている場合のみ本作業を行ってください。
    [コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]に「Winroute」が表示されている場合はインストールされていますので、以下の作業が必要です。

    (1) Setup.exeを起動します。 アイコン
    (2) 指示に従い、完了いたしましたら削除完了です。
       

  2. OS標準ドライバインストール

    再起動するとOS標準ドライバが自動的にインストールされます。



本件に関するお問い合わせ
その他本件に関するお問い合わせは、弊社サポートセンターまでお願いいたします。

郵便番号 556-0012
  大阪府大阪市浪速区敷津東1-6-14朝日なんばビル
    ラトックシステム(株)サポートセンター
  メール https://web1.ratocsystems.com/mail/support.html
  電話 :06-6633-0190(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
  FAX :06-6633-3553
ページのトップへ戻る