トップ > 製品情報 > ディスプレイ分配器・切替器 > REX-HDSP2A
■3D対応1入力2出力 HDMI分配器 REX-HDSP2A

高画質・高音質のHDMI信号を分配し、2台のディスプレイに同時出力


ラトックプレミア商品ページ
HDMIスプリッター(1:2)
3D対応1入力2出力HDMI分配器
製品型番 価格(税別) JANコード
REX-HDSP2A ¥10,400 4949090400436
対応機種 HDMI出力端子を装備した映像機器、家庭用ゲーム機、パソコン
HDMI入力端子を搭載したテレビ・パソコン用ディスプレイ
製品写真 注文画面 有害6物質不使用
4K解像度で動作確認済み

製品特徴




1つのHDMI信号を2つに分配

本製品は、ビデオレコーダーやパソコン、ゲーム機器のHDMI信号を2分配します。ひとつのコンテンツを2台のテレビやプロジェクターに同時出力できます。


3D、Full HD、HDCP機器に対応

本製品は、HDMI 1.4aに準拠。Blu-rayプレーヤーなどから入力された3DやフルHD(1920×1080p)の映像を、ディスプレイやプロジェクターに出力。36bit Deep Color、xvYCC対応で、高精細な映像データの伝送が可能です。

※HEC、ARCには対応していません。

ドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオに対応

ロスレス形式の高音質オーディオフォーマット、ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオに対応しています。

動作モード(自動判別・優先出力)を選択可能

本製品の本体背面には、異なるスペックのディスプレイを接続するときに便利な「モード選択スイッチ」を搭載しています。モードによって、解像度と音声フォーマットの選択方法が異なります。
モード スイッチ 説明
自動判別モード A すべてのディスプレイ共通で対応している解像度と音声フォーマットを分配します。接続順にかかわらず、すべてのディスプレイに出力されます。
優先出力モード B OUT1ポートに接続されている機器の解像度と音声フォーマットを、両方のディスプレイに分配します。OUT2に接続したディスプレイがOUT1より低解像度/低音質の場合、OUT2のディスプレイからは出力されません。
※OUT2ポートのみに接続している場合は、OUT2の解像度/音声フォーマットとなります。

HDMI出力から出力される解像度と音声フォーマットはすべて同一のため、異なる解像度のテレビを接続した場合、どちらかのスペックにあわせると映像が映らない可能性があります。自動判別モードでは、すべてのディスプレイが対応している解像度と音声フォーマットが選択されるので、すべてのディスプレイに映像を映し出すことができます。


最大3段のカスケード接続に対応

本製品は最大3段まで、カスケード接続することができます。最大数は、本製品が7台、ディスプレイが8台となります。

カスケード接続で複雑な構成となった場合でも、すべてを自動判別モードに設定し、3段目から順に電源を入れて認識させていくことで、すべてのディスプレイに映像を映すことができます。

CEC対応で連動操作が可能(OUT1のみ)

HDMIで接続された機器同士を制御する規格CEC(Consumer Electronics Control)に対応。CEC対応機器同士であれば、テレビのリモコンでレコーダーを操作するなどの連携機能が、本製品経由でも使用できます。

OUT1に接続した機器のみ対応となります。
(OUT1に接続したテレビのリモコンでのみ、INPUTに接続したHDMI出力機器の操作が可能)


最大10mのケーブルが使用可能

本製品は、最大10mまでのHDMIロングケーブルが使用できます。離れた場所のディスプレイやプロジェクターを接続する場合でも安心です。


4K解像度で動作確認済み

本製品では最大解像度 4K(4096×2160)/30pの映像を表示できることを確認しています。4Kコンテンツを分配して、2台の大画面テレビに映し出すことが可能です。

4K解像度を表示する場合、カスケード接続には対応していません。
4K解像度を表示する場合、USB変換アダプターや延長器との組み合わせには対応していません。
HDCP2.2には対応していません。


DVIディスプレイも使用可能

DVI-HDMI変換アダプター(別途ご用意ください)を用いることにより、DVI端子を搭載したディスプレイも接続可能です。

※シングルリンクに対応。デュアルリンクには対応していません。
※音声は出力されません。

有害6物質不使用

REX-HDSP2Aは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの有害6物質を使用していない、環境と人にやさしい製品です。

>> ラトックシステム有害化学物質制限の取り組み

ページのトップへ戻る