トップ > サポート > FAQ > リムーバブルケース > SA-IFKESLG

REX-SATAシリーズ eSATA 外付けHDケース
SA-IFKESLG(FAQ) 2009-09-30 版

● よくある質問 ●

Q 対応ハードディスクは
  1. SerialATA(1.5Gbps)およびSerialATA2(3.0Gbps)対応のハードディスクを使用可能です。
    Western Digital、HITACHI、Maxtor、Seagate、Samsung各社のHDDにて、動作確認済みです。IDEハードディスクを接続する場合は、IDE HDD用変換トレイ(SA-35TRIDE)を使用し、接続ください。

Q SA-IFKESに装着したハードディスクからWindows XP/2000のOSを起動できますか?
  1. 可能です。SATAホストインターフェイスがシステム起動に対応しているかご確認ください 。

Q SATA II 準拠の3.0Gb/s HDD やホストインターフェイスで使用できますか?
  1. 使用可能です。
Q MacOS Xへの対応は?
  1. 使用可能です。
    弊社製eSATAホストインターフェイス REX-PE30S / REX-EX30S / REX-PCI15PM / REX-CB15PM 経由にて動作確認を行っております。対応OSは MaxOS X-10.4.x以降です。

Q 本体側面にある「FAN」と書かれた端子は、何をするためのコネクタですか?
  1. 本製品対応の冷却用FANユニット(RSO-IFKFAN)を動作させるための端子です。

    !!注意!!
    オーディオミニステレオジャックと同一形状ですが、ヘッドホンなどのオーディオ機器は決して接続しないでください。 FANコネクタからは電源が供給されるため、専用FAN以外のものを接続すると破損等の原因になります。


● トラブルシューティング ●

Q ハードディスクを認識しません。
  1. 以下をご確認ください。

    • SA-IFKES本体上部の電源ランプは光っていますか?
      光っていない場合、SA-IFKESへの電源が正しく供給されていません。電源ケーブルをしっかりと挿入して再度ご確認ください。また、本体背面のスイッチがONになっていることをご確認ください。

    • ハードディスクは回転していますか?
      電源ON時にHDDの回転音が聞こえない場合、本体とトレイ、もしくはトレイ内部のケーブルが正しくセッティングされていない可能性があります。パソコンの電源を切り、本体とトレイおよびトレイ内部のケーブルがしっかりと接続されているかご確認ください。

    • 他のハードディスクは認識しますか?
      特定のHDDのみが認識しない場合は、HDDがフォーマットされていない可能性があります。HDDの初期化作業をおこなってください。

    • ハードディスクをパソコンに直接接続した場合、正常に認識しますか?
      上記すべてを確認してもなお認識されない場合は、パソコンのSATAコネクタとHDDを直接接続して(SA-IFKESを経由しないで)、認識するかどうかご確認ください。

      認識する場合、SA-IFKES不良の可能性がありますので、サポートセンターまでお問い合わせください。
      認識しない場合、接続するSATAホストインターフェイスによっては、SATA HD側の転送速度を「1.5Gbps」に設定いただくことにより回避可能な場合があります。設定方法については、弊社ではわかりかねますので、SATA HD のマニュアルなどを参照ください。

    • パソコン起動後、本製品を接続したとき認識しますか?
      認識しない場合、接続しているSATAホストインターフェイスがホットプラグに対応していない可能性があります。パソコンの電源を入れる前に本製品を接続し、本製品の電源をONにしてください。詳細はSATAホストインターフェイス側にお問い合せください。

Q ハードディスクを認識しません。再起動すると正常に認識します。
  1. IDE HDD 用変換トレイ(SA-35TRIDE-xx)使用時、内蔵するIDE HDDによっては本現象が発生します。

    これは、起動(Cold Start)後、HDDのスピンアップ中に変換トレイ(SA-35TRIDE-xx)への接続要求がおこなわれると、変換トレイが応答できずHDDを正常に認識しないためです。異なるIDE HDD でも同現象が起きるか、確認してみてください。


Q 新しいディスクが、正しく認識されません。

  1. WindowsXP 以前のOSの制限として、SATA/eSATA接続・USB接続に関わらず、2.0TBを超えるディスクを扱うことができません。(MBR形式のパーティションテーブルの制限)

    総容量が2.0TBを超えたサイズを正しく扱うためには、以下の作業が必要です。

    1. パソコンとの接続は、SATA/eSATA接続にする
    2. OSをWindows Vista以降にする
    3. ディスク初期化時のフォーマットをGPT形式 (2.0TB以上を扱う新しいフォーマット) にする

Q 「安全な取り外し」で取り外した後、本製品を再接続し電源をONにしても、ドライブが割り当てられません 。
  1. REX-CB15SのようにPCカード(あるいはExpressCard)経由で接続し、下記方法(下図参照)で取り外しを実行した場合、本現象が発生します。一旦PCカードを抜き、再度挿入することにより再認識します。


    本製品(ハードディスク)のみの取り外しを行うには、ご使用のeSATAホストインターフェイス付属のホットプラグツールをご利用ください。(例図:REX-CB15S付属のホットプラグツール)

    ※表示される型名は、接続するハードディスクにより異なります

Q スタンバイからの復帰時、ブルースクリーンになって正常に動作しません。
Q スタンバイからの復帰時、ドライブが見えなくなります。
  1. IDE HDD 用変換トレイ(SA-35TRIDE-xx)使用時、スタンバイからの復帰に対応していません。

    起動ディスクとして使用している場合、スタンバイからの復帰時ブルースクリーンになります。
    データディスクとして使用している場合、スタンバイからの復帰時ドライブが見えなくなります。

    休止モードには対応しています。
    なお、変換処理を行わないSATAネイティブ環境では、スタンバイ・休止モードに対応しており、本現象は発生しません。
Q ホットプラグツールがHDDを認識しません。
  1. デバイスマネージャのディスクドライブの中に、取り外しをおこないたいSATA HDD の型番が表示されているかを確認してください。HDD 型番の表示がなく「ディスクドライブ」として認識されている場合は、 「ディスクドライブ」を右クリックで削除し、システムを再起動します。デバイスマネージャのディスクドライブの中に、SATA HDD の型番が表示されたら、ホットプラグツールでHDDが認識されているかを確認してください。


● 保守サポートに関して (共通)●


Q サポートおよび修理の窓口について教えてください。
  1. 電話でのお問い合わせはラトックシステムサポートセンター
    TEL 大阪 06-6633-0190 東京 03-5847-7604(月〜金 10:00〜13:00 14:00〜17:00)
    をご利用ください。

    E-MAIL、FAXでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
    ・E-MAIL:サポートセンター宛メール
    ・FAX:06-6633-3553

    修理依頼
    修理受付と窓口のご案内

    ※修理およびサポートの提供期間について
    出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、サポートの提供を終了させていただいております。詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。

Q 海外でのサポートはありますか?
  1. 本製品は、日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートはおこなっておりません。

Q ユーザーズマニュアルを紛失したので入手したい。
  1. マニュアルに関しましては、弊社ホームページにてマニュアルのPDFファイルを公開しています。

Q ケーブルなどのオプション品は、どこで購入できますか?
  1. ラトックプレミア 楽天市場店 (https://www.rakuten.co.jp/ratoc/)で取り扱っています。
    (マニュアル等に掲載しているオプション品は、販売を完了していることがあります。あらかじめご了承ください。)

ページのトップへ戻る