menu botton

中を伺い、窓から侵入する男性

 

不審者監視

玄関先やベランダ、ガレージなど、侵入者に狙われやすい場所をカメラで監視。
防水タイプなら屋外に設置可能。置き配の盗難監視にも最適です。

敷地内や家屋への侵入者を監視

玄関先や軒下など家の外にも設置可能な屋外対応モデル(防水仕様)は、敷地内への侵入を監視できます。
カメラを目立つ場所に設置しておけば、侵入者も敬遠するので抑止効果も高まります。
玄関先に設置して、不審者な来客や悪質な訪問販売の対策にも。

 

また住宅内への侵入経路にもカメラがあればより安心です。

多いとされるのは、窓やドアなどの開口部です。
死角になりやすい場所にある勝手口や、集合住宅のベランダは上層階でも要注意。

人があまり立ち入らない倉庫や納戸は盗難や放火の危険性も。
カメラを設置して離れた場所からスマホで随時監視することができます。

 

不審者が映ったら、AIが人を検知して写真つきで通知

ieCameは、カメラに映った動体の中からクラウド上のAIが人の外観を見分け、写真付きでスマホに通知することができます。

アプリを起動しなくても、人が映った写真付きの通知画面で確認可能。

侵入者が来たのか、家族が通ったのかが一目で分かります。

AI人検知

不審者が映ったら、カメラ越しに警告

LEDライトとブザーで不審者を威嚇

不審者を確認した場合、直接見に行くのは危険です。

ieCameなら、アプリからカメラのLEDライトとブザー音で不審者を威嚇することができます。

外出先で異変に気づいた場合もすぐに対応できます。

※RS-WFCAM1/2は音のみ。RS-WFCAM3は音とライトに対応。

 

スピーカーから声かけも可能

カメラに搭載したスピーカーを通じて「何か用ですか?」などの声かけも可能。

家の中や離れた場所からスマホで対応できるので安心です。

警報機能

ガレージでの車上荒らしやいたずら対策

敷地内にあっても、ガレージはなかなか目が届きにくい場所。

車上荒らしは店舗や施設だけではなく、住宅の駐車場でも発生しています。

カメラを設置すると抑止効果も高まり、万一の時も残った映像で犯人特定の可能性が高まります。

 

夜でもはっきり映せるナイトビジョン

夜間の監視機能も重要なポイントです。

ieCameシリーズは暗いところを明るく映し出すナイトビジョン機能を搭載。

カメラに搭載した赤外線LEDから対象物に赤外線を当て、反応したものを映し出す仕組みで、完全な暗闇でも撮影可能。

照明がないガレージでも、不審者をしっかり映します。

警報機能

置き配の盗難対策や配達確認

置き配の指定場所が映るようにカメラを設置しておけば、指定どおりに配達されたかがわかります。

見える場所にカメラを設置することで、荷物の盗難抑止効果も高まります。

 

指定エリア内だけでの動体検知も可能

カメラの映った画面の中で、動体検知するエリア(アクティビティゾーン)を指定できます。

25分割したエリアの中から選択したエリア上で何かが動いた時のみ検知。

置き配の指定場所をエリア指定すると、指定エリア以外を人が通ったり何かが動いても検知されません。

エリア内で動体を検知するとスマホに通知され、アプリ画面で状況を確かめることができます。

ナイトビジョン

おうちの外も中も、一画面で表示

4台のカメラを1画面に表示

ieCameシリーズを複数台使う場合、4台分の画像を一括表示できます。

複数台をお使いの場合にはとても便利。
玄関、庭、勝手口、室内など、画面を切り替えることなく一画面で見守れます。

画面4分割

顔識別で、不審者が映った回数を確認

顔識別(有償プラン)

クラウドプランの有償プランではカメラに映った顔を識別することができます(RS-WFCAM2は除く)。

名前を登録していなくても、どの顔がカメラに何回映ったかが分かり、履歴をたどることも可能。

同じ不審者を複数回検知した場合、空き巣の下見かストーカーの可能性も。
防犯対策を強化して、被害を事前に防ぐ備えを。

※「不審者」を自動判別することはできません。手動で登録してください。

顔識別(有償)

 

※不審者の侵入や盗難を防止できなかったなど、本製品を使用したことにより
直接的または間接的に発生した損害について、弊社は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

おすすめの機種はこちら

屋外対応モデル RS-WFCAM3
屋外対応モデルRS-WFCAM3
  • AI人検知
  • リッチ通知
  • 顔識別(有償)
  • 防水対応

商品詳細へ

製品比較はこちら

その他の便利な使い方

その他の活用法はこちら